IR(Institutional Research)

IR(Institutional Research)活動の取り組み

データに基づく教育・学習成果の検証を通じて、学内各部署による主体的な教育改革の推進に寄与するため、IR(Institutional Research)活動を推進しています。

具体的には、

  • 学生の学び
  • カリキュラム改編やFD・SD等を含む教育改革
  • 大学全体あるいは学部・学科等の内部質保証システム(PDCAサイクル)の機能

の支援のため、各種調査を実施するとともに、既存の学内データも含めた分析を行うことにより、よりよい大学教育の実現に向けたエビデンスベースでの議論を可能とすることを目指しています。

平成28年2月から4月には、本学卒業生の卒業後のキャリアと大学での学びとの関係を知るため、「平成27年度 学習院大学 卒業生調査」を実施しました。分析結果の概要を、以下に掲載しています。
平成27年度 卒業生調査概要報告書