学習院大学のカリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

学習院大学のカリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)
<学士課程>
学習院大学は、高等学校教育からの連続性に留意し、本学に学ぶ学生が、「ひろい視野 たくましい創造力 ゆたかな感受性」を備え、自ら課題を発見し、その解決に必要な方策を提案・遂行する力を十分に身につけた社会人となるべく、必要な知識や汎用的技能、態度・志向性を涵養するよう、文理両分野にわたる広義の基礎教育と多様な専門教育とを有機的に結合させた教育を行います。
<大学院博士前期課程>
学習院大学大学院博士前期課程は、学士課程教育における学修成果を発展させ、多様な学術的研究を背景とした基盤的・先端的な専門知識、技能を修得させ、専門分野における研究能力と高度な専門業務に従事するための能力を培うための教育を行います。
<大学院博士後期課程>
学習院大学大学院博士後期課程は、大学院博士前期課程における学修成果を発展させ、高度で先端的かつ創造的な研究で国際的に活躍できる自立した研究者を養成するとともに、きわめて高度な専門業務に従事するために必要な学識、技術、それらを統合する能力を有する指導的人材を養成するための教育を行います。
<専門職大学院課程>
学習院大学専門職大学院は、学内外の諸機関との連携を図りつつ、高度の専門性が求められる職業を担うのに必要となる深い学識及び卓越した能力を培うため、理論と実務を繋ぐ実践的な教育を行います。
各学部・研究科の各種方針