柔道部の永井崇匡さんが第30回全日本視覚障害者柔道大会に出場し、男子73kg級で優勝しました。

  • HOME
  • +ACTIVE!
  • NEWS
  • 柔道部の永井崇匡さんが第30回全日本視覚障害者柔道大会に出場し、男子73kg級で優勝しました。

柔道部

11月22日(日)に講道館行われた第30回全日本視覚障害者柔道大会に、柔道部の永井崇匡さん(理学部数学科1年)が出場し、男子73kg級で優勝しました。

2015112801.JPG

まず、5選手で行われた予選リーグ戦にて全勝し、一位で突破。内容は寝技で2勝・大内返し・不戦勝と、オール一本での勝ち上がりでした。 そして、4選手による決勝トーナメント。 準決勝は、時間終了の合図と同時に相手の内股の戻り際、小外刈で一本をとることが出来ました。 決勝戦は序盤に有効をとられ劣勢でしたが、終盤に執念の内股をきめ、またも一本勝ち。 結果、オール一本勝ちでの優勝を果たしました。

2015112802.JPG
「パラスポ!」提供
2015112803.JPG
「パラスポ!」提供

永井崇匡さん(理学部数学科1年)のコメント

「怪我が完治し、今大会が復帰戦、久しぶりの試合ということで、始まるまでは緊張していたのですが、始まってみると冷静に試合することができ、優勝することが出来ました。また次の試合に向けて毎日、練習とトレーニングを欠かさずしていきます。」