ウェイト・トレーニング同好会の荒川龍一さんが第20回ジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会の男子Jr.105kg級で準優勝しました。

  • HOME
  • +ACTIVE!
  • NEWS
  • ウェイト・トレーニング同好会の荒川龍一さんが第20回ジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会の男子Jr.105kg級で準優勝しました。

ウェイト・トレーニング同好会

2月27日(土)にゼットエー武道場で開催された第20回ジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会の男子Jr.105kg級に、ウェイト・トレーニング同好会の荒川龍一さん(法学部法学科3年)が出場し、準優勝しました。

2016030401.JPG
2016030402.JPG

ウェイト・トレーニング同好会の荒川龍一さん(法学部法学科3年)のコメント

「今大会はノーギアのパワーリフティング日本一を決める大きな舞台でしたが、その大舞台でベストを出し切り、結果を残すことが出来ました。
今回の成績により、世界大会やアジア大会の選抜候補者に入ることが出来ましたが、これまで以上に練習に励んでいきます。」