「IBSA Judo World Cup Tashkent 2017」の73kg級に柔道部の永井崇匡さん(理学部数学科3年)が出場しました。

  • HOME
  • +ACTIVE!
  • NEWS
  • 「IBSA Judo World Cup Tashkent 2017」の73kg級に柔道部の永井崇匡さん(理学部数学科3年)が出場しました。

「IBSA Judo World Cup Tashkent 2017」の73kg級に柔道部の永井崇匡さん(理学部数学科3年)が出場しました。

10月5日より15日まで、ウズベキスタンで行われている「IBSA Judo World Cup Tashkent 2017」の73kg級に、本学柔道部に所属する永井崇匡さん(理学部数学科3年)が日本代表として出場しました。



試合は昨日10月9日に行われました。
永井さんは予選POOL「C」に入り、1回戦でブラジル代表選手と戦い、延長戦の末、見事、勝利を収めました。
しかし、続く2回戦、1回戦での延長により、体力を消耗してしまったか、ドイツ代表選手に惜しくも負けてしまいました。

<73kg級結果>
大会HPより(http://www.ippon.org/ibsa_uzb2017.php

Contest Sheet.jpg


今回大会の対戦を映した動画がWeb上(youtube)で公開されております。
「IBSA Judo World Cup Tashkent 2017」

動画29分過ぎからは永井さんの1回戦目の様子が映され、永井さんの見事な投げ技を見ることが出来ます。