大学図書館セミナー「江戸のスイーツ ~日本の食文化から~」

  • HOME
  • EVENTS
  • 大学図書館セミナー「江戸のスイーツ ~日本の食文化から~」

このたび、大学図書館セミナーを下記の通り開催いたします。
テーマは「江戸のスイーツ」!
NHK時代劇ドラマ(現在「みをつくし料理帖」)の風俗考証を担当されている先生が講師として講演されます。
奮ってご参加ください。

大学図書館セミナー「江戸のスイーツ ~日本の食文化から~」

  • 開催日:2017年6月29日(木)
  • 時間:16:30~17:40
  • 場所:中央教育研究棟-507教室
  • 講師:青木直己先生(学習院大学非常勤講師・虎屋文庫顧問)
  • 定員:最大70名 ※定員を超えた場合は立ち見となることがあります
  • 対象:学生・教職員
  • 申込:不要(当日参加可)

講演概要:
17世紀後期の京都で大成した和菓子。それは華やかな意匠や雅な菓銘を持つ上菓子(京菓子)でした。
上菓子は江戸に伝わりもてはやされました。一方、大福餅や金つばなど気取らない庶民的な菓子が江戸の菓子の本質でもあります。
今回の講演では、華やかな上菓子に触れつつ、江戸生まれの名菓桜餅や幾世餅など江戸前の菓子の数々をご紹介いたします。

★ポスターはこちらhttp://www.gakushuin.ac.jp/univ/glim/pdf/news/detail/2017/0601/poster_libseminar2017.pdf