演劇ワークショップ「「聴く」ことばと「効く」ことば―ドラマリーディングの魅力―」(身体表象文化学専攻主催/文学会共催)

  • HOME
  • EVENTS
  • 演劇ワークショップ「「聴く」ことばと「効く」ことば―ドラマリーディングの魅力―」(身体表象文化学専攻主催/文学会共催)
日時:2018年1月15日(月)18:30~20:00
会場:南1号館301教室
  (キャンパス案内はこちら⇒ http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html
受講料:無料
申込:不要
概要:俳優がテクストをことばのみで再現し、観客を豊かな劇世界へと導くドラマリーディング。ワークショップ前半では実際に『RUR』のプロローグをリーディングし、セリフを際立たせることの意味と、最小限の動作を加えることの効果を、その本来の役割を理解した上で検証します。人間のために労働するだけの存在として生み出されたロボット。後半は「彼ら」に対して登場人物たちが交わすように、参加者全員で多様なディスカッションを展開します。まるで演劇の稽古のような密度の濃い体験をしていただくことになるでしょう。奮ってご参加ください。

本ワークショップは、2月開催の「学習院リーディングセッション『RUR』」の関連イベントです。
本公演の情報は以下の通りです。詳細については、追ってお知らせいたします。

学習院リーディングセッション『RUR』
公演日:2018年2月22日(木)~25日(日)
会場:学習院大学西1号館1階特設会場
作:カレル・チャペック
訳:田才益夫(八月舎刊『チャペック戯曲全集』所収)
構成・演出:多和田真太良/ドラマトゥルク:関根麻里恵

本公演の予約申し込みなどについては、「戯れの会」公式ページ、またはCoRich(こりっち)専用ページまでお問い合わせください。
・Facebook「戯れの会」公式ページ
https://www.facebook.com/tawamuredrama/
・CoRich(こりっち)専用ページ 予約受付中!
http://stage.corich.jp/stage/87428

主催:学習院大学人文科学研究科身体表象文化学専攻
共催:学習院大学文学会

【問い合わせ先】
学習院大学人文科学研究科身体表象文化学専攻
http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/cult/
03-5992-1404
>>案内ポスター PDF