クロード・ビュシュヴァルド講演会「上演へのアプローチ」開催

  • HOME
  • EVENTS
  • クロード・ビュシュヴァルド講演会「上演へのアプローチ」開催
 本学客員研究員である俳優・演出家でパリ第8大学演劇学科准教授クロード・ビュシュヴァルド氏の講演会を開催する。
 ビュシュヴァルド氏はラブレー、モリエール、クローデルなど、言葉を重視した戯曲作品を上演。とりわけ、言語実験的劇作家として知られるヴァレール・ノヴァリナの上演不可能とみなされていた作品を、意味や感情ではなく言葉そのものに語らせる演出で上演して衆目を集め、 ビュシュヴァルド氏のために書き下ろされた『架空のオペレッタ』(1998)以降、ノヴァリナ作品の新しい演出法として定着している。 著作に『舞台におけるヴァレール・ノヴァリナ』などがあり、近年ではオペラや音楽劇の演出も多数手がけている。
 今回の講演では、通訳を「ヴァレール・ノヴァリナの詩学」で博士号を取得した井上由里子さんにお願いし、フランス現代演劇における言葉の冒険ともいえる独自の演出についてビュシュヴァルド氏に語っていただく。

 日時:2018年10月18日(木)18:30~20:00
 会場:西5号館301教室
  (キャンパス案内はこちら⇒ http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html
 言語:フランス語(通訳付き)
 講演者:クロード・ビュシュヴァルド(Claude Buchvald)
 逐次通訳:井上由里子(静岡文化芸術大学)
 参加無料・予約不要

クロード・ビュシュヴァルド(Claude Buchvald):
パリ第8大学演劇学科准教授。俳優。演出家。
ラブレー、モリエール、クローデルなどの作品を上演。とりわけヴァレール・ノヴァリナの作品(『時に住みついている諸君 Vous qui habitez le temps』(1995)、『晩餐 Le Repas』(1996)、『架空のオペレッタ L'Opérette imaginaire』(1998)等)の演出で知られる。オペラや音楽劇の演出も多数手がける。著作に『舞台におけるヴァレール・ノヴァリナ』など。

 【問い合わせ先】
 学習院大学人文科学研究科身体表象文化学専攻
 03-5992-1404
>>案内ポスター PDF