8月3日(金)4日(土)のオープンキャンパス情報について

  • HOME
  • EVENTS
  • 8月3日(金)4日(土)のオープンキャンパス情報について

学部説明会・模擬講義・学生トークショー等

回数 時間 プログラム 使用言語
1回目 10151045 学部説明会 日本語
10501130 模擬講義 前半は日本語
後半は英語
11351205 学生トークショー(学生生活 日本語
2回目 13451415 学部説明会 日本語
14201500 模擬講義 前半は日本語
後半は英語
15051535 学生トークショー(海外研修 日本語
※3日と4日の模擬講義内容は異なりますが、同日の場合1回目と2回目の内容は同じになります。
※学生トークショーは、午前中が学生生活、午後が海外研修をテーマとすることになりました。
場所:西5号館202教室
[交通アクセス] [キャンパスマップ]


学部説明会(30分):カリキュラムの特徴と入試概要を説明

模擬講義(40分):

8月3日(金)
講義担当 山﨑 泉准教授(日本語/英語)
タイトル 開発途上国への支援は役に立っているのか
講義内容 本講義では先進国の政府や国際機関、NGOが提供する開発途上国への支援は役に立っているのかについて考えます。「現地の人に感謝された」というような曖昧なものではなく、開発支援の効果を的確に検証する方法はあるのでしょうか。また効果的な支援とはどのようなものでしょうか。開発経済学においてポピュラーになりつつあるランダム化比較試験(RCT: Randomized Controlled Trial)の仕組みについて説明し、RCTの事例を複数紹介しながら、以上について議論したいと思います。
なお、最後の10分程度は、本学部の2年次からの特色である「専門科目を英語で学ぶ」体験もして頂きます。
8月4日(土)
講義担当 牧田 りえ教授(日本語)、入江 恵教授(英語)
タイトル 国際協力に必要な思考法とは
講義内容 国際協力の実務にも社会科学は様々な形で貢献しています。前半20分は、実際にインドで実施された環境保全プロジェクトを題材にして、国際協力に携わる際に求められる基本的な思考法を学びます。
後半20分は、「内容・言語統合型学習(=CLIL)」を取り入れた英語科目の授業の一例として、前半の専門科目(社会科学)の知識や内容を用いつつ、周りのかたと英語で話し合い、答えを見つける参加型の授業をおこないます。


学生生活をテーマとした学生トークショー(30分):

海外研修(留学)をテーマとした学生トークショー(30分):


学部紹介パネル展示

時間:10時00分から16時00分
場所:南2号館2階 ISSコミュニケーションルーム

教員による個別相談コーナー

時間:10時00分から16時00分
場所:西5号館1階学生ホール

gakubusetumei.jpg
学部説明会(過年度の様子)

panel.jpg
パネル展示(過年度の様子)

その他オープンキャンパス情報

学習院大学 受験生向け情報サイト「マジマジメマガジン」のオープンキャンパス情報
majime.jpg