Q&A

button1.jpg button2.jpg button41.jpg
button5.jpg button6.jpg button3.jpg

subtitle1.jpg

Q. 国際社会科学部の名称の根拠は?

本学部では国際系と社会科学の融合により教育を行うことを目的としています。
他大学の国際系学部では文化面を重視しているのに対し、本学では英語と社会科学に力を入れているため、名称に国際と社会科学を含めています。また社会科学は国際的に認知されている学問のため、この名称としました。
英語では、"the Faculty of International Social Sciences"(略称:ISS)と表記します。

Q. 社会科学とはどのような学問ですか?

社会学、政治学、経済学、法学、社会心理学、教育学、歴史学など、人間行動を科学的、体系的に研究する学問の総称です。
本学部では、ビジネスに直結する法学・経済学・経営学・地域研究・社会学の5分野を学びます。

Q. 文学部英語英米文化学科・他大学の国際系学部との違いは?

文学部英語英米文化学科や他大学の国際系学部が英語と英語圏の文化を学ぶことに重点を置くことに対し、本学部は英語を学ぶと同時に、社会科学も英語で学ぶことによって国際的に活躍する人材を育てます。

Q. 留学経験があったり、英語が得意でないと入学できませんか?

そのようなことはありません。
4人に1人の学生が海外での在学・留学経験があり、帰国子女の学生も入学していますが、残りの学生はそうではありません。1年次の英語の授業は習熟度別となっていますので、自分の英語力に見合ったクラスで学べます。

Q. 入学前に用意するものはありますか?

ノートパソコンを一人一台準備する必要があります。本学部は、ペーパーレスを前提としており、授業の課題提出やシラバスの確認等も全てWeb上で行います。新たに購入する場合は、入学前ガイダンスで推奨するパソコンを紹介しています。


subtitle2.jpg

Q. 公募推薦・AO入試に不合格でも一般入試は受けられますか?

はい、受けられます。


subtitle41.jpg

Q.長期(1年間)の海外研修に参加した場合、4年間で卒業はできますか?

可能です。ただし、研修までの成績、研修の計画、英語力の向上、入学後にそれらを着実に積み重ねていくことが条件となります。
長期の場合、理論上は研修に参加して修得した単位を年間48単位まで振替えることができますが、3年生の3月(2017年卒の場合)から就職活動が本格化しますので、自分の将来を見据えて研修の時期を考えなければなりません。


subtitle5.jpg

Q. 英語以外の言語は履修できますか?

履修できます。
履修できる言語は、ドイツ語、フランス語、中国語、ロシア語、スペイン語、イタリア語、朝鮮語、アラビア語、日本語(日本語を母語としない者のみ)です。
なお、平成28年4月入学の1年生でいずれかの言語を履修している学生は50名です。

Q. 少人数での授業はどのくらいの割合ですか?

1年次では、約半分の授業を20人程度の少人数で受講します。
学生は週に約15科目の授業を履修しています。その内、20人程度の授業が7科目、50人程度の授業が1科目、残りの7科目は100人~200人の授業です。


subtitle6.jpg

Q. 奨学金はどのようなものがありますか?

学費と海外研修についてがあります。

■学費についての奨学金

学内 学習院大学独自の奨学金(各種)
学外 日本学生支援機構(JASSO)の奨学金
民間奨学財団・地方公共団体等の奨学金
家計の急変、自然災害にあわれた方対象の奨学金
各種教育ローン

■海外研修についての奨学金

学内 国際社会科学部の奨学金
学習院大学海外留学奨学金
学外 日本学生支援機構(JASSO)、文部科学省の奨学金

Q. 地方出身者です。学生寮や住まいは何か紹介サービスがありますか?

こちらにて紹介を行っております。


subtitle3.jpg

Q.取得できる資格は?

教職は中学校教諭一種免許(社会)と高等学校教諭一種免許(公民)です。
他にも学芸員資格や司書資格(学習院女子大学の開設科目を科目等履修生として修得)の取得も可能です。
資格取得支援プログラム一覧はこちらよりご確認ください。

Q:就職するのにまだ卒業生がいないので不安です。サポートはどうなっていますか?

本学部にはまだ卒業生がいませんが、キャリアセンターでのサポート体制が整っています。
「メンタイ(面接対策セミナー)」や「就職いろは塾」という集団指導・個別相談などの独自の取り組みが、学習院大学全体の2015年度就職内定率 98.3%(学習院大学2015年度就職実績)や、大企業への就職状況 第13位(出典:井沢秀(2015)「就活ならサンデー第2弾」,『サンデー毎日』2015年8月2日号,p.66,毎日新聞出版)という就職率の良さへつながっています。

Q:卒業後の進路は?

外資系企業や商社、また金融業、一般企業の海外部門などが予想されます。また、本学部で授与する学位「学士(社会科学)」は国際的に広く認知される学位です。これを生かし、進学した 後国際機関への就職・MBA取得といった可能性も開かれています。
本学部では、海外とのやり取りがある65社142名の人事担当者からアンケートを取った結果、以下のような回答を得ており、その中で1~3位の「課題発見・解決力」「国際経済・社会に対する理解力」「英語によるコミュニケーション能力」を養うカリキュラムを組んでいます。卒業後は、本学部で学んだ姿勢を生かし、国内外どのような場所でも自分から果敢に一歩前へ出る、そんなビジネスパーソンになることを期待しています。anq1.jpg