各種手続・届出(学籍)

休学等を希望するときや、住所変更など学生情報に変更があったときは手続きが必要です。
各種手続のための願出・届出は、担当窓口で受け取ってください。なお、本ページは基本的なことのみ掲載しています。手続にあたっては、必ず担当窓口で説明を受けてください。

休学出校休学期間変更休学取消留学退学再入学除籍住所変更改氏名保証人変更

学籍の異動

休学

  • やむを得ぬ理由で3ヶ月以上の休みを願い出る場合は、「休学願」を提出する必要があります。
  • 休学期間の授業料、施設設備費及び研究実験費は免除となり、在籍料または在籍料相当額の納付が必要となります。
  • 休学期間は在学年数に含まれませんので、当該年次は原則として留年になります。
手続方法 本人・保証人が連署・押印した休学願を提出
※病気療養が理由の場合:加療期間明記の医師の診断書を添付
窓口   学生センター教務課
休学期間 各月1日から末日まで(1ヶ月単位)
ただし1回の申請につき、3ヶ月以上1年以内
提出期限 事前(休学開始月の前月の末日まで)
 


出校

  • 病気療養を理由として休学した場合は、休学から復帰する際に、「出校願」を提出する必要があります。
手続方法 本人・保証人が連署・押印した出校願に、
出校に問題ない旨が記載された医師の診断書を添付して提出
窓口   学生センター教務課
提出期限 事前(出校日の前日=休学期間終了日まで)
 


休学期間変更

  • 休学が認められたのち、特別の理由により、休学期間の延長または短縮を希望する場合は、「休学期間変更願」の提出により願出ることができます。
  • 詳細については、学生センター教務課窓口にてお問い合わせください。
手続方法 本人・保証人が連署・押印した休学期間変更願を提出
※病気療養が理由の場合:
 ・期間延長の場合は、加療期間明記の医師の診断書を添付
 ・期間短縮の場合は、診断書を添付した出校願を同時に提出
窓口   学生センター教務課
休学期間 期間延長の場合は、1回の申請につき1年までを限度とする
※学部学生と博士前期学生は、連続して2年を超えて休学することはできない
※博士後期学生は、連続して3年を超えて休学することはできない
提出期限 事前
(休学期間延長の場合・・・休学期間終了日まで)
(休学期間短縮の場合・・・休学を取り止め出校を希望する月の前月の末日まで)


休学取消

  • 休学が認められたのち、特別の理由により、休学の取消を希望する場合は、「休学期間変更願」に、休学取消希望の旨を記して提出することにより、休学取消を願出ることができます。
手続方法 本人・保証人が連署・押印した休学期間変更願を提出
窓口   学生センター教務課
提出期限 休学開始日より3ヶ月以内


留学

  • 海外への留学を希望する場合には「留学願」を提出し、留学することができます。
  • 各学部・研究科が留学として認定する基準は異なります。
  • 留学期間は在学年数に含まれます。
  • 詳細については、学生センター教務課窓口にてお問い合わせください。
手続方法 本人・保証人が連署・押印した留学願を、指導教員の印を受けた上で提出
提出する際に以下の書類を添付
※協定留学の場合:
 ・入学許可書または在籍証明書の原本およびコピー
※協定外留学の場合:
 ・入学許可書または在籍証明書の原本およびコピー

 <大学へ留学の場合>
 ・大学の学部・大学院の専攻について示した書類(大学案内等)
 <外国語学校へ留学の場合>
 ・大学・大学院が指定する外国語学校であることを示す書類、 
  または公的に認証された外国語学校であることを示す書類
  (学校案内等)
窓口 学生センター教務課
 留学期間 原則として1年間
提出期限 事前
書類が整い次第、速やかに提出すること
(下記期日は最終締切。書類不備で返却されるケースもあるので、余裕をもって提出すること)
 
※1学期から留学する場合:
 2月中旬まで
※2学期から留学する場合
 7月中旬まで


退学

  • 特別な理由により退学したいときは、「退学願」を提出し許可を受けることが必要です。
  • 退学にあたっては、退学日の該当期分の授業料納付金を納めていなければ、認められません。
  • 単位修得退学(満期退学)を希望する博士後期学生においても、退学願の提出が必要ですので、ご留意ください。
手続方法 本人・保証人が連署・押印した退学願を、指導教員の印を受けた上で提出
※病気療養が理由の場合:医師の診断書を添付
※学生証の有効期限が残っている場合は、退学願の提出の際に学生証を返却
窓口   学生センター教務課
提出期限 事前(退学希望日の前日まで)
<例>
※1学期末で退学の場合(退学日は9月30日)・・・ 9月29日までに提出
※2学期末で退学の場合(退学日は3月31日)・・・ 3月30日までに提出

再入学

  • 退学した者が再入学を志願する場合は、選考の上、退学時に在籍していた学科等に限り、許可することがあります。
  • 再入学の詳細(出願方法・手続等)については、アドミッションセンターにお問い合わせください。


除籍

  • 在学年限を超えた者、および督促を受けても授業料を納付しない者は、除籍となり、本学の学生の身分を失います。
参考)学籍に関する取扱い(PDF)


学生情報の変更手続

住所変更

  • 変更後、すみやかに手続をしてください。
  • ご家族と一緒に住んでいる場合は、学生住所・保証人住所両方の手続が必要です。
  手続
学生住所   G-Portにログインして、個人情報照会画面から新住所を登録
保証人住所 教務課窓口にて「保証人住所変更届」を提出


改氏名

  • 改氏名の事実が分かる証明書(戸籍抄本)を添付の上、「改氏名届」を学生センター教務課に提出してください。


保証人変更

  • 保証人を変更したい場合は、「保証人変更届」を学生センター教務課に提出してください。
  • 納付金振込依頼書(学費の振込用紙)は、原則として保証人宛に送付します。納付金振込依頼書の宛先について相談がある場合は、会計課までお問い合わせください。