学習院大学独自の奨学金

学習院大学独自の奨学金

-学部生対象-

【入学前申請】
・学習院大学入学前予約型給付奨学金「目白の杜奨学金」<給付>

 【金額】100万円(入学年度に限り給付)
 【採用候補者数】100名
 【申請時期】平成29年11月頃~
 *給付は、入学後となります
・学習院桜友会ふるさと給付奨学金<給付>
 
【種別】給付
 【金額】年額50万円(原則4年間継続給付)
 【採用候補者数】10名
 【申請時期】平成29年11月頃~
 *給付は、入学後となります
注)「目白の杜奨学金」と「学習院桜友会ふるさと給付奨学金」は、重複申請不可

 

【入学後申請】
・学習院大学新入学生特別給付奨学金<給付>

 【金額】入学金相当額(20万円)
 【申請時期】5月中旬~下旬
 【対象】学部新入学生のみ
 【要件】高校時評定平均値3.8以上で、家計困窮度の高い方

・学習院大学学費支援給付奨学金<給付>
 【金額】在籍学部学科の第2期分授業料相当額
 【申請時期】5月中旬~下旬 *毎年申請可(最短修業年限内)
 【対象】学部生(留学生を除く)で、原則として最短就業年限で卒業が見込まれる方
 【要件】学業成績・人物優秀で、家計困窮度の高い方

・学習院大学教育ローン金利助成奨学金<給付>
 【金額】「在籍料+授業料+施設設備費」に相当する借入累計金額の金利分(上限5万円)
 【申請時期】1月中旬 *毎年申請可(最短修業年限内)
 【対象】学費納付を目的とした教育ローンの金利を当該年度に支払っている方で、
     原則として最短就業年限で卒業が見込まれる方

・学習院父母会奨学金<給付>
 【金額】授業料+施設設備費相当額(上限100万円)
 【申請時期】11月下旬~1月上旬
 【給付期間】学校法人学習院の設置する学校に在学中1年間限り
 【対象】学校法人学習院の設置する学校(大学院生及び法科大学院生を除く)に在学する学生で、
     在学中学費負担者である父母保証人の死亡等に起因し、家計が激変したことにより学費
     の支弁が困難と認められる者。原則として1家族1名。

・学習院大学奨学金<貸与> 
 【金額】次の3区分から選択(年額/学費第1期分/学費第2期分)
 【申請時期】5月中旬~下旬
 【対象】学部2年生以上
 【要件】
  ①勉学の意欲があり、卒業後に返還の責任が持てる方
  ②最短修業年限で卒業が見込まれる方
  ③日本学生支援機構奨学金を申し込んだが、貸与を受けられなかった方

 [推薦制]
・学習院大学学業優秀者給付奨学金<給付> 
    【金額】10万円(単年度)
 【対象】各学科からの推薦制、学部2年生以上

・安倍能成記念教育基金奨学金<給付> 
 【金額】45万円
 【対象】学部長からの推薦制(若干名)


-大学院生・法科大学院生対象-

・学習院大学大学院博士後期課程給付奨学金<給付>
 【金額】年間授業料の3分の1相当額
 【申請時期】5月中旬~下旬 *毎年申請可(最短修業年限内)
 【対象】博士後期課程に在籍する学生(ただし、授業料減免を受けている場合は対象外)
 【要件】以下①②いずれかの該当する方
  ①学業成績が優秀かつ研究心に富む方
  ②本人および配偶者の収入金額合計が本学所定の収入金額以下である方

・学習院大学教育ローン金利助成奨学金<給付>
 【金額】「在籍料+授業料+施設設備費」に相当する借入累計金額の金利分(上限5万円)
 【申請時期】1月中旬 *毎年申請可(最短修業年限内)
 【対象】学費納付を目的とした教育ローンの金利を当該年度に支払っている方

・学習院大学奨学金<貸与> 
 【金額】次の3区分から選択(年額/学費第1期分/学費第2期分)
 【申請時期】5月中旬~下旬
 【対象】大学院2年生以上(法科大学院生は申請不可)
 【要件】
  ①勉学の意欲があり、卒業後に返還の責任が持てる方
  ②最短修業年限で卒業が見込まれる方
  ③日本学生支援機構奨学金を申し込んだが、貸与を受けられなかった方

 [推薦制]
・学習院大学学業優秀者給付奨学金<給付> 
 【金額】30万円(単年度)
 【対象】博士前期課程各専攻からの推薦制

・安倍能成記念教育基金奨学金<給付> 
 【金額】45万円
 【対象】研究科長からの推薦制(若干名)

・学習院末松奨学基金奨学金<給付>
 【金額】10万円
 【対象】1名(人文科学研究科史学専攻からの推薦制)

・関育英資金奨学金<給付>
 【金額】36万円(月額3万円)
 【対象】1名(自然科学研究科からの推薦制)