奨学金Q&A ~現在奨学金を受けている方~

奨学金Q&A ~現在奨学金を受けている方~

以下のカテゴリーの中から該当するものを選択してください。

「これから奨学金を申し込む方」はこちら

奨学金の種類についてはこちらより

奨学金全般に関するQ&A

Q1.奨学金について、電話で相談したいのですが。
【A】ご遠慮ください。詳細な説明は資料を提示しながら行いますので、質問等は窓口に来課してください。

日本学生支援機構奨学金についてのQ&A ~現在奨学金を受けている方~

1.各種手続き

Q1-1.月額変更(増額・減額)、口座変更、休学・退学等各種届出は、どのような手続きが必要ですか。
【A】学生課窓口で必要な書類をお渡しします。変更等は、期間に余裕をもって相談に来てください。

Q1-2.留学中も、奨学金を継続して借りられますか。
【A】貸与種別や留学の種別により異なります(第二種奨学金の場合は、休止手続きが必要です)。
詳細は、学生課窓口にて相談してください。

2.奨学金の振込

Q2-1. 奨学金の振込日はいつですか。
【A】 4月、5月以外は毎月10日前後の振込みです。

3.奨学金の継続手続き

Q3-1. 次年度も自動的に奨学金を継続して借りられますか。
【A】 継続して借りるためには、「奨学金継続願」の提出が必要です。
例年12~1月頃に「継続願説明会」を開催しますので、必ず出席してください。
参考までに、こちらの流れをご覧ください。

なお、継続して借りない(辞退する)場合も、継続願手続き時に、継続しない旨の申請が必要です。

Q3-2. 「奨学金継続願」を提出すれば、奨学金は継続できますか。
【A】 「奨学金継続願」の入力内容と、学業成績等を総合的に審査し、学校が奨学金継続の可否等を判断します。
これを「適格認定」といいます。したがって、「奨学金継続願」を提出しても必ず継続貸与されるとは限りません。 

Q3-3. 「奨学金継続願」を提出しない場合は、どのようになりますか。
【A】 学校が定めた入力期限までに提出しない場合には、廃止となり奨学金を受けられなくなります。

4.異動の手続き

Q4-1. 休学、退学、留学、奨学金辞退等を検討しているのですが。
【A】異動届等の提出が必要です。事前に学生課窓口へ相談してください。

Q4-2. 奨学金を辞退した場合、すぐに返還が始まってしまうのですか。
【A】「在学届」を提出することにより、卒業まで返還が猶予されます。

5.利率について

Q5-1. 第二種奨学金の在学中の利息と利率について知りたいのですが。
【A】 在学中は無利息です。また、外国に留学した場合や卒業・退学後、本人が災害や傷病等により返還が困難になった場合に、願い出により返還の猶予が認められたときには、その期間中も無利息です。
現在の利率については、日本学生支援機構(JASSO)のWebサイトで確認してください。

6.連帯保証人・保証人

Q6-1. 連帯保証人(保証人)を変更したいのですがどのような手続きが必要ですか。
【A】変更届が必要です。学生課窓口に来課してください。

Q6-2. 連帯保証人(保証人)に選任する人がいません。どうすればいいですか。
【A】機関保証制度を選択してください。