平成30年度一般入試における受験機会の拡大について(第2報)

  • HOME
  • 入試情報
  • NEWS
  • 平成30年度一般入試における受験機会の拡大について(第2報)
 学習院大学では、平成30年度一般入試(平成30年2月実施)より新しい制度がスタートします。全ての学部で、コア試験日・プラス試験日を設けることにより、受験生は同一学部を2回受験することが可能になります。
 
 このたび、募集人員、試験科目・出題範囲、試験時間、配点、およびコア試験・プラス試験の学部の組み合わせが決定しましたので、「平成30年度一般入試の概要」をお知らせします。
 なお、試験日程は5月中旬頃に公表予定です。
 
「平成30年度一般入試の概要」はこちらをご欄ください。
 
 
■コア試験・プラス試験について■
①コア試験
 従来実施していた一般入試の方式を指します。基本的に、平成29年度までの一般入試と同様に実施します。
 
②プラス試験
 他学部のコア試験日に実施される、平成30年2月の一般入試よりスタートする試験です。上記のコア試験日とは別日となるため、受験生は同一学部のコア試験・プラス試験の両方を受験することが可能になります。
 
*平成30年度一般入試の変更点はこちらをご欄ください。
*プラス試験は一部実施しない学科がございます。
*同一学部であっても、コア試験・プラス試験の種別によって試験科目が異なりますので、「平成30年度一般入試の概要」をよくご確認ください。
 
【参考】
平成30年度一般入試における受験機会の拡大について(第1報)