平成30年度一般入試における受験機会の拡大について(最終報)

  • HOME
  • NEWS
  • 平成30年度一般入試における受験機会の拡大について(最終報)
学習院大学では、平成30年度一般入試(平成30年2月実施)より新しい制度がスタートします。全ての学部で、コア試験日・プラス試験日を設けることにより、全学部とも受験機会が2回に拡大します。
 
このたび、平成30年度一般入試 国際社会科学部プラス試験の「英語」について、外部の英語資格・検定試験の点数換算表が確定しましたので、下表のとおりお知らせします。
換算点数 GTEC CBT 旧英検* 新英検**
CSEスコア
TOEFL-iBT® IELTS TEAP
(R+L+
W+S)
ケンブ
リッジ
英検
TOEIC®L&R+
TOEIC®S&W
200 1400 1級 1級 100 7.0 390 Advanced
(CAE)以上
1300
180 1250 - 準1級
2540
70 6.0 340 First
(FCE)
1030
160 1200 準1級 準1級 62 5.5 310 910
140 1140 - 2級
2260
54 5.0 280 840
120 1080 - 2級
2120
48 4.5 250 700
100 1000 2級 2級 42 210 Preliminary
(PET)
650
※点数換算に利用できる資格・検定試験の成績は1つのみです。
※異なる実施回の4技能スコアを組み合わせて得点換算することはできません。同一実施回のスコアを提出してください。
※旧英検は、1次試験を平成28年3月以前に受験し、その後2次試験に合格した者を対象とします。
※新英検は、1次試験を平成28年4月以降に受験し、その後2次試験に合格した者を対象とします。
※旧英検は、取得した級による換算のみ行います。CSEスコアによる換算点数の変化はありません。
※新英検の180点・140点・120点は、取得した級に加えて、CSEスコアが基準点以上の場合のみ対象となります。
※英検およびケンブリッジ英検以外の各スコアは、出願時に取得後2年以内のもの(平成28年1月以降取得のもの)を有効とします。
※IELTSはAcademic Module のスコアのみ利用できます。(General Training Moduleのスコアは利用できません。)
※TEAP CBTのスコアは利用できません。
※中高生対象のケンブリッジ英検(Cambridge English for Schools)の資格は利用できません。
※TOEIC®は平成28年8月よりTOEIC®L&Rに名称変更しています。平成28年1月以降取得のものであれば、どちらの名称でも出願可能です。
※TOEIC® Speakingのみ、TOEIC® Writingのみの単体受験のスコアは利用できません。
※TOEICの団体特別受験制度(IPテスト)、TOEIC Bridge®のスコアは利用できません。


また、試験日程は下表のとおりです。
 
月 日 学 部 試験区分 1限 2限 3限
平成30年
2月6日(火)
経済学部 コ ア 国 語 外国語 地理歴史・公民・数学*3
法 学 部 プラス 英 語
2月7日(水) 理 学 部 コ ア 数 学 英 語 理科
文 学 部
(心理学科・
教育学科のみ)
プラス
2月9日(金) 文 学 部 コ ア 国 語 外国語 地理歴史・公民・数学
理 学 部 プラス 数 学 英 語 理科 *1
2月10日(土) 法 学 部 コ ア 外国語 国 語 地理歴史・公民・数学*3
国際社会科学部 プラス 英語*2
2月11日(日) 国際社会科学部 コ ア 国 語 英 語 地理歴史・公民・数学*3
経済学部 プラス
*1 数学科のプラス試験では、理科の試験はありません。合否判定は数学・英語の2科目の合計点によります。
*2 国際社会科学部のプラス試験の英語は、出願時に提出する外部の英語資格・検定試験(4技能)の成績を、上記換算表により得点に換算します。英語の筆記試験受験は不要です。
*3 法学部・経済学部のプラス試験、国際社会科学部のコア・プラス試験の「地歴・公民」は地理を除きます。


募集人員、出題範囲、試験時間、配点は「平成30年度一般入試の概要」をご覧ください。
■コア試験・プラス試験について■
①コア試験
従来実施していた一般入試を指します。基本的に、平成29年度一般入試までと同様に実施します。
 
②プラス試験
他学部のコア試験日に実施される、平成30年2月の一般入試よりスタートする試験です。コア試験とは別日程となり、各学部で受験機会に2回となります。
*同日に実施されるコア試験とプラス試験を併願することはできません。
*平成30年度入試の変更点はこちらをご覧ください。
*文学部の哲学科・史学科・日本語日本文学科・英語英米文化学科・ドイツ語圏文化学科・フランス語圏文化学科は、プラス試験を実施しません。
*同一学部であっても、コア試験・プラス試験の種別によって試験科目・配点や募集人員等が異なる場合がありますので、「平成30年度一般入試の概要」をよくご確認ください。
 
【参考】
平成30年度一般入試における受験機会の拡大について(第1報)
 
平成30年度一般入試における受験機会の拡大について(第2報)
 
平成30年度一般入試における受験機会の拡大について(第3報)