計算機センター SPSS講習会が開催されました

  • HOME
  • NEWS
  • 計算機センター SPSS講習会が開催されました

 2017年7月31日(月)目白キャンパス南3号館101教室にて、計算機センター主催による統計分析ソフトSPSS講習会(講師:学習院コンピューターシステム支援組織 助教 安部健太氏)が開催され、参加した21名の学生と教職員が実際にSPSSを使用して簡単なグラフを作ったり、用意された講習会用のデータについてt検定や相関を求める手順を学びました。

 安部助教は「統計の標準的なソフトウェアといえるSPSSは、授業での情報数理解析や卒業論文でも使用されています。ただ、SPSSの使用になれていないと、操作上の問題がキャップになり授業の理解が追いつかなくなってしまいます。このような機会を設けることで、SPSSに少しでも習熟し、より研究や授業を有意義なものにしてもらいたいと思います。」と本講習会の意義について説明。

 SPSS講習会は例年、夏季講習会として年1度実施しています。SPSSの初心者の方や、授業・研究でSPSSを使用しているものの使用に不安のある方などは是非ご参加ください。

 計算機センターではこの他にも、Officeの使い方や3Dプリンター、レーザー加工機を使用した講習会も実施しています。講習会以外でも、SPSSなどの使用に不安のある方のご質問には随時対応しています。

 ※計算機センターホームページはこちら