【トピックス】初期消火訓練を行いました


今年も学習院大学理学部において、初期消火訓練が行われました。
 
この取り組みは、授業や研究などで多くの実験を行う理学部の学生に、
万が一、火災につながってしまった場合にも、被害を最小限に抑えるため、
初期段階での対応方法を身に付けてもらいたいという目的で毎年行われています。
 
理学部化学科3年生の学生を中心に、理学部学生および教職員約200名が参加しました。
 
訓練に先立ち、理学部化学科の草間博之教授により、薬品の取り扱いについての講義が行われました。
講義では条例や法令を交えて、実験後の産業廃棄物処理における
留意すべきポイントや、起こりうる災害について分かり易く解説されました。



訓練前の講義で熱心に聴講する理学部生

その後、教室の外に移動し、豊島消防署目白出張所の皆さんの指導のもと、
消火器を使っての初期消火訓練を実施しました。
 
学生たちは適度な緊張感を持ち、和やかに協力し合いながら取り組んでいました。
実際に消火器を使ってみた学生からは、
「本当に火災が起こったとしたら、こんな風に落ち着いて消火活動ができるだろうか」と
本番の火災を想定したコメントもみられました。
学生たちが、日ごろからの危機意識を高めることにも繋がった消火訓練だったようです。
今後も充実した研究活動に取り組めるよう、地域ぐるみで取り組んでいきたいと感じました。

初期消火訓練を行う理学部生

◆学習院大学理学部のホームページはこちらから