アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)(学部)

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)(学部)

学部 学科 アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)
法学部 法学科 法学部は、法と政治を中心とする専門分野を深く掘り下げながら、できるだけ広い視野で、現代社会の諸現象・諸問題を把握・分析する高度な能力を養うことを、教育の目的としています。温かい人間性を持つと同時に、真理を追究する気持ちを大切にする人、自分で問題を発見し、思考し、時宜に応じた判断を下すことのできる人を、少人数教育を通じて養成するというのがその目標です。法学部には、法学科と政治学科があります。  法学科は、法の理念、法の体系と仕組み、法による具体的な争いの解決について学ぶことで培うことのできる論理的な思考方法、正義についての鋭い感覚とバランスの取れた判断力を発揮して、社会の様々な分野において活躍することができる人の養成をその教育方針の基本としています。  政治学科は、スクール・オブ・ガヴァメントの理念の下、政治学・国際関係・社会学を学ぶことで培うことのできる社会に対する深い洞察力と幅広い教養を土台にして、社会の様々な分野において、高い指導力と問題解決能力を発揮してリーダーとなる人の養成をその教育方針の基本としています。とりわけ、意欲ある学生に対しては、1年次末または2年次末の段階で選抜を実施し、特別選抜(FT)コースにおいて、密接な指導を通じて英語力や分析力などの能力を培い、国の内外を問わず多様な分野において実践的で高度な専門知識と経験を身につけた、リーダーにふさわしい人々を養成しています。 以上のことから、法学部は、社会の現実の動きとその基礎となる制度に関心がある人に、とくに向いています。また、法学、政治学、国際関係、社会学、どの分野も、学問研究の発達と実践への応用における変化が著しい領域です。知的好奇心がある人にとってはたくさんの知的刺戟があります。新しいことへの挑戦に怯まない人にはその意欲と能力とを十分に生かせる機会があります。社会的な関心、知的な好奇心、あるいは、チャレンジ精神が旺盛、このどれか一つでも自分に当てはまると思う人に、学習院大学法学部は「向いて」います。  法学部で学ぶことになる現代の社会科学分野では、統計分析や数学に基づくモデル、生命現象などを適切に理解することが必要な場面が多くなっています。そこで法学部を志望するならば、高校時代には文系科目、理系科目を問わず、幅広くさまざまな科目を満遍なく積極的に履修することを期待します。もちろん、大学においては、高校まで何をしてきたかではなく、これから何をしようとしているのか、その意欲があるかが大きな意味をもちますが、そのような「何かをする土台」として、高校時代の偏らない学習を重視します。
政治学科
経済学部 経済学科 経済学部は、現代社会が直面している国内および世界の様々な経済・経営問題を解決する能力と豊かな創造力並びに優れた人格を備えた人材を育成することを目的としています。 経済学科の教育目的は、現代社会が直面している国内および世界の様々な経済問題に対して、理論的理解、政策課題の設定、有効な解決策の検討等の諸側面にわたる能力を身につけ、かつ、優れた人格を備えた人材を育成することです。 経営学科は、よりグローバル化・複雑化する企業環境の中で高い問題解決能力と豊かな創造力を持った人材を育成するという社会の要請に応えることを教育上の目標としています。 本学部志望者に求められる資質としては、論理的な表現と議論を通じて問題解決をもたらすため、国語および外国語によるコミュニケーションの能力はきわめて重要です。また、経済・経営問題について理論的に理解し分析するために、数学の基礎能力も必要です。さらに、複雑化した現代の社会問題を科学的に理解するため、高等学校における地理歴史・公民に属する教科を幅広く学ぶ姿勢が望まれます。これらに加えて、多様な価値観を理解し、豊かな創造力と優れた人格を身につけてゆくため、高等学校における各教科を偏りなく学ぶことは大切な前提となります。
経営学科
文学部 哲学科 文学部の行う教育の目標は、人文科学諸分野の研究内容を理解し、研究方法を取得した学生自らが、人文科学研究の創造を行うところにあります。文学部各学科で文化創造の経験をさせることによって、社会の一員として、社会全体の文化を考え、文化を支え、文化を創造する担い手を育てることを目的としています。 哲学科は、東西の哲学・思想史及び美学・美術史の領域における知識と考え方を教え、学生が各々の研究課題を自立的に追究できるよう指導することによって、専門知識を生かして活動する人材の育成はもとより、広くよりよく生きる力としての教養と思索力を身につけた社会人の育成を目指しています。 史学科は、歴史学が蓄積してきた成果を受け継ぐとともに、あらたな時代の要請に応えられる歴史研究を目指し、学生には文献など諸資料の分析をつうじて自主的な歴史のとらえ方を身につけさせるとともに、現代社会の状況に的確かつ柔軟に対応できる思考力を備えた人材の育成を目指しています。 日本語日本文学科は、古代から現代までの日本語・日本文学・日本文化、国際的な視野に基づいた日本語教育・言語学などに関する授業を通して、実証的で堅実な研究方法を身につけるとともに、創意に満ちた国際的な感覚や学際的な関心をもった人材の育成を目指しています。 英語英米文化学科の教育目標は、英語圏の文化ないし英語学を考究することで、各国の文化を知り、国際的な視野を持った人間性豊かな人材を育てることです。同時に、自分の意見を伝達する英語能力養成のため、徹底的な語学教育を行い、運用英語のエキスパートを育てることを目指しています。 ドイツ語圏文化学科の教育目標は、高いレベルのドイツ語運用能力を養成するとともに、ドイツ語圏における文化的・社会的事象の研究を通して新たな視座を形成することにあります。それにより批判的に物事を捉え、自立した問題解決能力・自己表現能力を身につけた人材の育成を目指しています。 フランス語圏文化学科の教育目標は、高度な語学力をもとにフランス語圏の文化の多角的な研究を通して、多様な価値観を持つ世界の中に自らを位置づける視野を獲得させることにあります。専門性を活用しつつ、複雑化する社会の中で、自立的に世界を切り拓いて行ける人材を育成することを目指しています。 心理学科は、幅広い知識と心理学的方法を身につけた上で、学生が自らの関心に沿ってテーマを選択し、自立的に研究を進めることができる能力を育むことによって、心理学的な視点で問題解決することができる人材を育成することを目指しています。 教育学科は、教育および社会に関する幅広い知見と教育に関する専門的な技能を獲得させ、発達の多様な可能性を探求・研究することを目標にしています。次代を担う人々の成長を促進し共生社会を形成・創造するための資質・能力をもった人材を育成することを目指しています。 文学部志望者には、高校での学習において、文系科目だけでなく、理系の科目についても深く積極的に学んで、広い視野を養うことを期待します。それも単に与えられた問題に対して解答するというのでなく、何ごとに対しても疑問をもち、自分自身で問題点を発見し、自身で考えてみるという態度が必要です。
史学科
日本語日本文学科
英語英米文化学科
ドイツ語圏文化学科
フランス語圏文化学科
心理学科
教育学科
理学部 物理学科 理学部での教育の目標は、「物事の根本を論理的・実証的に分析・考察する能力、その結果を総合し実地に活かす技能、考えや知識を他人に的確に伝える技術を備えた人材」を育成し社会に送り出すことです。そのため、数学、物理学、化学、生命科学という現代科学の基盤をなす分野において、応用のための知識ではなく、どのような局面にも対応できる真の基礎を身につけてもらうために、時間と手間をかけた少人数制の教育を実践しています。 理系の学問分野についての能力や知識があることはもちろん望まれますが、それ以上に、自分の頭でしっかりと物を考えること、自分の目で自然や数理の世界を観察すること、そして、自分の手を動かして実験したり計算したりすることが好きな、熱意と好奇心にあふれる若者を求めています。積極的な学生は、入学早々から一流の研究者である教員と「仲間」のように接して学問の世界について語り合うことができます。これは多数の学生を抱えるマンモス大学では決して味わえない贅沢です。 多くの熱意のある若者にこのような教育を受けてもらえるように、一般入試、指定校推薦入学、理学部公募制推薦入学、内部推薦進学、外国高等学校出身者および海外帰国生徒対象入学、社会人入学(数学科のみ)、編入学によって幅広い入学者を確保しています。これらの選考にあたっては、単なる暗記物の知識の量を試すのではなく、科学の基本となる考え方や基礎的な知識をもっているかどうかを試すことを心がけています。また、入学者の選抜にあたって何よりも公正さと機会の平等を重視しています。入学生に求められるのは、理学部の各学科で有意義に学ぶための条件と十分な基礎学力を持っていることだけです。それ以外の資質は入学者の選考とは無関係です。 多様な個性と資質をもった学生に学習院大学理学部の理想的な環境での教育を享受する機会を与えるべきだというのが私たちの信念です。それら多様な学生と接しながら、個々の特性を伸ばして社会で活躍できる一流の人材に成長してもらう手伝いをするのが、わたしたち教育者の使命なのです。入学試験の得点だけに基づいて合否を決める一般入試の場合にはこの方針が守られていることは明らかですが、それ以外の面接等を併用した入学者の選考においても基礎学力と本学で学ぶ熱意だけを基準に厳格な選考をおこなっています。 なお、理学部の教育では、英語の文献を読んだり、自分の研究内容を発表したり論文にまとめたりする機会も多くあります。入学前には、いわゆる理科系の分野だけでなく、語学や国語にも力を入れ、幅広い分野の本を読まれることを望んでいます。
化学科
数学科
生命科学科