法学部

法学部

教育研究上の目的及び基本ポリシー(学部全体)

学部 教育研究上の目的
法学部 法学部における教育の目的は、法と政治を中心とする専門分野を深く掘り下げながら、できるだけ広い視野で現代社会の諸現象・諸問題を把握・分析する高度な能力を養うことにある。すなわち、温かい人間性を涵養しつつ、たえず真理を追求する気持ちを失わずに、自分で問題を発見し、思考し、時宜に応じた判断を下す能力を育てることが目的である。
ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)
法学部では、それぞれの学科の研究教育上の目的に沿って設置された科目を中心に履修規定に即して必要単位を修得し、必要な修業年限を満たすことをもって、法学部の想定する広い視野で現代社会の諸現象・諸問題を把握・分析する高度な能力を養うことができたと判断し、卒業者と認め、学士の学位を授与する。
カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)
法学部では、法学部の想定する広い視野で現代社会の諸現象・諸問題を把握・分析する高度な能力が身につくように、選択必修科目、選択科目、自由科目を設けており、それぞれの種類に応じ、必要とされる単位数を履修するカリキュラムを編成し実施する。
アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)
法学部は、法と政治を中心とする専門分野を深く掘り下げながら、できるだけ広い視野で、現代社会の諸現象・諸問題を把握・分析する高度な能力を養うことを、教育の目的としています。温かい人間性を持つと同時に、真理を追究する気持ちを大切にする人、自分で問題を発見し、思考し、時宜に応じた判断を下すことのできる人を、少人数教育を通じて養成するというのがその目標です。法学部には、法学科と政治学科があります。

法学科は、法の理念、法の体系と仕組み、法による具体的な争いの解決について学ぶことで培うことのできる論理的な思考方法、正義についての鋭い感覚とバランスの取れた判断力を発揮して、社会の様々な分野において活躍することができる人の養成をその教育方針の基本としています。

政治学科は、スクール・オブ・ガヴァメントの理念の下、政治学・国際関係・社会学を学ぶことで培うことのできる社会に対する深い洞察力と幅広い教養を土台にして、社会の様々な分野において、高い指導力と問題解決能力を発揮してリーダーとなる人の養成をその教育方針の基本としています。とりわけ、意欲ある学生に対しては、1年次末または2年次末の段階で選抜を実施し、特別選抜(FT)コースにおいて、密接な指導を通じて英語力や分析力などの能力を培い、国の内外を問わず多様な分野において実践的で高度な専門知識と経験を身につけた、リーダーにふさわしい人々を養成しています。

以上のことから、法学部は、社会の現実の動きとその基礎となる制度に関心がある人に、とくに向いています。また、法学、政治学、国際関係、社会学、どの分野も、学問研究の発達と実践への応用における変化が著しい領域です。知的好奇心がある人にとってはたくさんの知的刺戟があります。新しいことへの挑戦に怯まない人にはその意欲と能力とを十分に生かせる機会があります。社会的な関心、知的な好奇心、あるいは、チャレンジ精神が旺盛、このどれか一つでも自分に当てはまると思う人に、学習院大学法学部は「向いて」います。

法学部で学ぶことになる現代の社会科学分野では、統計分析や数学に基づくモデル、生命現象などを適切に理解することが必要な場面が多くなっています。そこで法学部を志望するならば、高校時代には文系科目、理系科目を問わず、幅広くさまざまな科目を満遍なく積極的に履修することを期待します。もちろん、大学においては、高校まで何をしてきたかではなく、これから何をしようとしているのか、その意欲があるかが大きな意味をもちますが、そのような「何かをする土台」として、高校時代の偏らない学習を重視します。

教育研究上の目的及び基本ポリシー(法学科)

学部 学科 教育研究上の目的
法学部 法学科 法学科においては、法の理念、法の体系としくみ、法による具体的な争いの解決について学び、人間的な思いやりのあるリーガル・マインドを身につけ、社会の様々な分野で法的知識やリーガル・マインドを存分に発揮して活躍する優れた人材を育成することを教育の基本目的とする。
ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)
法学科においては、法の理念、法の体系と仕組み、法による具体的な争いの解決について学び、人間的な思いやりのあるリーガル・マインドを身につけ、社会の様々な分野で法的知識やリーガル・マインドを存分に発揮して活躍する優れた人材を育成することを教育の基本目的とするので、学科の研究教育上の目的に沿って設置された科目を中心に履修規定に即して必要単位を修得し、必要な修業年限を満たすことをもって、法学科の想定する広い視野で現代社会の諸現象・諸問題を把握・分析する高度な能力を養うことができたと判断し、卒業者と認め、学士の学位を授与する。
カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)
法学科の選択必修科目は、法の理念、法の体系と仕組み、法による具体的な争いの解決について適切な履修計画に従って修得できるよう、必須法律科目、系統的に履修することが望ましい基本法律科目、外国語科目(英語、ドイツ語、フランス語、中国語)、法学部の指定する総合基礎科目と特設演習に分ける。選択科目は、広い視野で現代社会の諸現象・諸問題を把握・分析する能力を養うため、より広い視野を得、社会の様々な分野で活躍する準備として、法学科関連科目、(法学科が指定した)政治学科関連科目、(法学部が指定した)経済学部関連科目と外国語科目(ロシア語、スペイン語、イタリア語、朝鮮語、アラビア語)に分ける。さらに、体育科目や(法学科が指定していない)政治学科の専門科目、(法学部が指定していない)経済学部の専門科目、文学部と理学部の専門科目、5大学間交流提供科目は自由科目として認めており、それぞれの学生の希望に応じて広く高度な教養を修得する機会としている。また、法学科としては卒業単位として認定しない科目についても、随意科目として履修し、単位を修得することができる。

教育研究上の目的及び基本ポリシー(政治学科)

学部 学科 教育研究上の目的
法学部 政治学科 政治学科においては、スクール・オブ・ガヴァメントの理念のもとに、各界のリーダーとなる優れた人材を育てることを基本目的とする。すなわち、政治学・国際関係・社会学の様々な科目を学ぶことを通じて、社会に対する深い洞察力と幅広い教養を備え、高い指導力と問題解決能力を持った人材を育成することを目指す。
ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

政治学科においては、スクール・オブ・ガヴァメントの理念のもとに、各界のリーダーとなる優れた人材を育てることを基本目的とする。すなわち、政治学・国際関係・社会学の様々な科目を学ぶことを通じて、社会に対する深い洞察力と幅広い教養を備え、高い指導力と問題解決能力を持った人材を育成することを教育の基本目的とするので、学科の研究教育上の目的に沿って設置された科目を中心に履修規定に即して必要単位を修得し、必要な修業年限を満たすことをもって、政治学科の想定する広い視野で現代社会の諸現象・諸問題を把握・分析する高度な能力を養うことができたと判断し、卒業者と認め、学士の学位を授与する。 また、3年間在籍した特別選抜コースの学生が所定の授業科目および単位数を優秀な成績で修得したと判断した場合には、学則第49条2項に従い、卒業者と認め、学士の学位を授与する。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)
政治学科はスクール・オブ・ガヴァメントの理念の下、基礎講義、基礎演習、基礎科目と英語科目を選択必修科目として設けており、政治学科の導入教育とする。基礎科目をよりよく理解し、幅広く深い教養と総合的な判断力を培い、豊かな人間性を涵養するために、(選択必修科目以外の)政治学科選択科目、(法学科の専門科目である)法学科選択科目と法学部の指定する総合基礎科目を選択科目として指定し、広い視野で現代社会の諸現象・諸問題を把握・分析する高度な能力を養う一助としている。外国語科目(ドイツ語、フランス語、中国語、ロシア語、スペイン語、イタリア語、朝鮮語、アラビア語)、体育科目や他学部の専門科目、5大学間交流提供科目は自由科目として認めており、それぞれの学生の希望に応じて広く高度な教養を修得する機会としている。また、政治学科としては卒業単位として認定しない科目についても、随意科目として履修し、単位を修得することができる。