2020年度 学習院大学外部評価委員会

2020年度 学習院大学外部評価委員会

1.開催日時

 令和2(2020)年7月18日(土) 14:01~15:15


2.開催方法

 Zoomミーティングによるオンライン会議


3.出席者

<委員>
髙 橋 裕 子 (津田塾大学 学長)(委員長)
島 村 圭 一 (埼玉県立不動岡高等学校 校長)
橋 本 ヒロ子 (私立十文字高等学校 校長)
小 林 雅 之 (桜美林大学 総合研究機構 教授)
有 賀 克 彦 (国立研究開発法人物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点
         主任研究者および超分子グループグループリーダー)
金 子 将 史 (政策シンクタンクPHP総研 代表・研究主幹
         株式会社PHP研究所 執行役員)
小 林   浩 (リクルート進学総研所長 リクルート「カレッジマネジメント」編集長)
宮 川 武 彦 (エーザイ株式会社 コーポレートストラテジー部 シニアディレクター)

<大学>
荒 川 一 郎(学長)
乾   友 彦(副学長)
山 本 政 人(副学長)


4.内容

1.昨年度の外部評価結果に対する大学の取り組み
 昨年度(2019年度)の外部評価委員会での外部評価結果に対する大学の取り組み状況の報告を受け、その対応状況について外部評価を実施しました。
 例として、ブランディング事業、大学入学共通テスト等の取り組み等について、前向きな評価をいただきました。また、昨今の新型コロナウイルス感染症による留学や外国語教育、大学入学共通テストへの影響に対する、本学の考えや取り組みについて質問や提言をいただきました。

2.外部評価:基準2.内部質保証
 公益財団法人大学基準協会の「大学評価ハンドブック」、中央教育審議会大学分科会の「教学マネジメント指針」に基づき、全学に関する基準2.内部質保証について重点的に外部評価を受けました。
 例として、本学における内部質保証の可視化、成績評価の信頼性の確保、教学IRの更なる活用、新型コロナウイルス感染症への各種対応に関する振り返り・検証等について提言をいただきました。