2.内部質保証の方針

内部質保証の方針

 学習院大学は、内部質保証を推進するため、以下のとおり方針を定めます。

 1.基本的な考え方

  1. 本学の理念・目的及び社会的使命を達成し、教育研究水準の向上を図るべく、本学の教育研究活動等の状況について自ら点検・評価を行うとともにその結果を公表し、常に改善に努める。
  2. 全学における内部質保証の推進に責任を負う組織は、内部質保証委員会とする。内部質保証委員会は、毎年度実施される各学部・研究科及び各部門の自己点検・評価の結果を検証し助言するとともに、全学における教育研究活動等の有効性を検証し、その検証結果を踏まえた改善を恒常的かつ継続的に実施する。
  3. 自己点検・評価の結果を客観的に検証するため、外部評価委員会による外部評価を実施する。
  4. 質保証について、組織内の理解を促し、組織文化として定着を図る。

 2.組織体制及びPDCAサイクルの運用プロセス

  1. 全学における内部質保証の推進に責任を負う組織として、学長を委員長とする内部質保証委員会を置き、自己点検・評価の実施方針及び計画を策定する。この方針及び計画に基づき、各学部・研究科及び各部門は、内部質保証委員会の支援のもと、毎年度自己点検・評価を行い、所定の報告書を作成し、内部質保証委員会へ報告する。内部質保証委員会は、各学部・研究科及び各部門の自己点検・評価結果の検証を行うとともに、全学的な観点から自己点検・評価を行い、所定の報告書を作成し、各学部・研究科及び各部門の自己点検・評価の検証結果とともに、外部評価委員会へ報告する。
  2. 外部評価委員会は、各学部・研究科、各部門の自己点検・評価の結果及び内部質保証委員会の全学的な観点からの自己点検・評価の結果の検証を行い、改善点がある場合は、内部質保証委員会に助言を行う。
  3. 内部質保証委員会は、外部評価委員会の助言を受け、学長並びに各学部・研究科及び各部門の長に改善指示を行う。学長並びに各学部・研究科及び各部門の長は、内部質保証委員会の改善指示に基づき、必要な改善に努める。
  4. 学長並びに各学部・研究科及び各部門の長は、内部質保証委員会の改善指示に基づく改善結果を、内部質保証委員会及び外部評価委員会に報告する。
  5. 内部質保証委員会は、自己点検・評価報告書を作成し、本学教職員及び学外の諸機関等に公表する。

 3.内部質保証システムの概念図

conceptual_diagram.png

以 上