4.教員組織の編制方針【経済学部】

教員組織の編制方針【経済学部】

 経済学部では、学習院大学としての教員組織の編制方針を前提とし、以下のとおり教員組織を編制します。

 1.専門分野、教員配置

 大学設置基準等の関連法令に基づくとともに、教育課程との整合性や各専門分野間での バランスなどを考慮しながら、経済学部として必要な教員を配置する。その際、経済学科では、理論分野や政策的研究を含む実証分野、制度・歴史分野等の教員をバランスよく配置するように配慮する。また、経営学科では、経営及びそれに関連する制度等の諸分野における理論的・実証的研究及び教育に資する教員をバランスよく配置するよう配慮する。

 2.教育課程や学部運営における教員の役割分担

 教授・准教授・講師等が、それぞれの専門的研究領域に応じ、またそれぞれの職位や経験に応じて、教育研究活動の責務を分担するほか、教員間の連携体制を確保しつつ学部運営に当たる。また、副手が、教員の教育研究活動を補助し、学部運営を支援する。

 3.教員構成

 広く国内外に人材を求め、年齢・性別等の構成が偏らないよう配慮する。

 4.教員人事

 教員の募集、任用、昇任等にあたっては、大学・学部の諸規則及び方針に従い、公正かつ適切に行う。

 5.教員の資質向上

 組織的・多面的なFD活動を行い、絶えず教員の資質向上を図る。

 以 上