4.教員組織の編制方針【経営学研究科】

教員組織の編制方針【経営学研究科】

 経営学研究科では、学習院大学としての教員組織の編制方針を前提とし、以下のとおり教員組織を編制します。

 1.専門分野、教員配置

 そもそも経営学が社会科学のみならず自然科学及び人文科学の学際分野として発展してきたことに鑑み、それら諸科学の先端的発展を常に反映し、また隣接学術分野に創造的貢献も行いうるような、高度な教育研究上の指導能力及び優れた研究業績を備えた教員を、経営学の関連諸分野にバランスよく配置する。

 2.教育課程や研究科運営における教員の役割分担

 専門的研究領域に応じた教育課程内の責務を分担するほか、大学院学生ごとに組織する指導委員会のような教員間の連携体制を重層的に確保し、特定の学術専門分野を超えた教育・研究上の役割分担が機動的に行えるよう配慮する。また、専任教員の教育研究活動を補助し事務を行う副手が研究科運営に参画する。

 3.教員構成

 広く国内外に人材を求め、年齢・性別等の構成が偏らないよう配慮する。

 4.教員人事

 教員の選任にあたっては、大学の諸規則及び「大学院経営学研究科における授業および指導の担当資格に関する内規」に従い、公正かつ適切に行う。

 5.教員の資質向上

 経営学の研究を行いうる高度な専門知識を持ち、その知識を必要とする職業分野で活躍できる人材の養成を目的とする博士前期課程や、高度で深い経営学の専門的知識を持ち、自立して創造的な学術貢献を行いうる研究者の養成を目的とする博士後期課程の教育責務に対応するため、研究活動に関する客観的指標を含む組織的・多面的なFD活動を行う。

 以 上