4.教員組織の編制方針【経済学研究科】

教員組織の編制方針【経済学研究科】

 経済学研究科では、学習院大学としての教員組織の編制方針を前提とし、以下のとおり教員組織を編制します。

 1.専門分野、教員配置

  1. 大学院設置基準等の関連法令に基づき、大学院教育課程との整合性を考慮するとともに、高度な教育研究上の指導能力及び優れた研究業績を備えた、経済学研究科に必要な教員を任用する。
  2. その際、教員が教育指導可能な専門領域のバランスに配慮するとともに、理論的分析、実証的分析、制度・歴史的分析など研究手法のバランスにも配慮する。

 2.教育課程や研究科運営における教員の役割分担

 専門的研究領域と教育実績に応じた教育課程の責務を分担するほか、専修コースに所属する大学院学生についてはその学生の研究課題に関連する教員が連携して研究指導する。また、専任教員が研究科運営の役割を分担するとともに、副手が専任教員の教育研究活動を補助し事務を行うことで、研究科の運営に参画する。

 3.教員構成

 広く国内外に人材を求め、年齢・性別等の構成が偏らないよう配慮する。

 4.教員人事

 教員の選任、任用、昇任にあたっては、大学及び研究科の諸規則及び方針に従い、公正かつ適切に行う。

 5.教員の資質向上

 組織的・多面的なFD活動を行い、絶えず教員の資質向上を図る。

 以 上