4.教員組織の編制方針【法学研究科】

教員組織の編制方針【法学研究科】

 法学研究科では、学習院大学としての教員組織の編制方針を前提とし、以下のとおり教員組織を編制します。

 1.専門分野、教員配置

  1. 学校教育法や大学院設置基準などの関連法令を遵守しながら、法学研究科として必要な教員を配置する。
  2. その際には、各専門分野のバランスを考慮する。また、いずれの専門分野においても、法律学に関する高度な専門的な知見を修得し、主体的に法的な問題を発見・分析し、独創的な研究を行うことができる人材を育成するために必要な教員を配置する。

 2.教育課程や研究科運営における教員の役割分担

 教員間の連携体制を確保して組織的な教育・研究を行うために、専門知識や研究科運営の経験に応じて、適切に教員の役割を分担する。

 3.教員構成

 年齢や性別等の構成が偏ることがないように配慮しながら、国内外に人材を求める。

 4.教員人事

 教員の募集、任用、昇任にあたっては、大学及び研究科の諸規則等に基づき、公正かつ適切に行う。

 5.教員の資質向上

 FD活動を通じて、教員の資質向上を図る。

 以 上