4.教員組織の編制方針【政治学研究科】

教員組織の編制方針【政治学研究科】

 政治学研究科では、学習院大学としての教員組織の編制方針を前提とし、以下のとおり教員組織を編制します。

 1.専門分野、教員配置

  1. 教育カリキュラムとの整合性を重視し、それぞれの専門分野において優れた研究業績をもち、大学院教育に対して熱意を有した専任教員を任用・配置する。その際、日本政治・政策研究コース、国際関係・地域研究コース、社会公共領域研究コースの3コース間のバランスに配慮する。
  2. 教育カリキュラムとの整合性を重視し、政策実務の分野での卓越した経験をもち、大学院教育に対して熱意を有した特別客員教授若しくは非常勤講師を任用・配置する。

 2.教育課程や研究科運営における教員の役割分担

 それぞれの専門分野での研究業績及び実務経験に基づいて、担当科目の内容を教授する。大学院生の学位論文(博士論文・修士論文)若しくは特定課題研究の作成のために必要な研究指導を行う。その他、研究科運営のために必要な職務を遂行する。

 3.教員構成

 教育研究や研究科運営を円滑に行うために、専門分野のバランスに配慮するだけでなく、年齢や性別の構成についてもそれが偏ったものにならないように配慮する。また、広く国内外に人材を求める。

 4.教員人事

 教員の募集、採用、昇格については、研究科の教育目的実現のために真に必要とされる優れた人材を確保するため、厳正な審査に基づいて判断する。

 5.教員の資質向上

 教員の資質を向上し、各々の教育研究能力を高めるために、組織的かつ積極的にFD活動に取り組む。

 以 上