13.学位論文等審査基準【経済学研究科】

学位論文等審査基準【経済学研究科】

 経済学研究科では、学位審査にあたり、そのプロセスと審査に必要な要件を定めているほか、以下の審査基準を総合的に評価した上で、本研究科の卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、学位授与を決定しています。

<学位論文>

観点修士論文の審査基準博士論文の審査基準
1.研究課題の明確性及び先行研究を踏まえての的確性 研究課題が明確に示され、先行研究を踏まえての的確性が確保されていること。 学術性の高い研究課題が明確に示され、先行研究を踏まえての的確性が十分に確保されていること。
2.課題を追求する上での方法論の適切性 研究課題を追求する上での方法論が適切であること。 研究課題を追求する上での方法論が適切に選択されていること。
3.研究方法及び調査方法の妥当性 研究課題を追求する上での研究方法及び調査方法が妥当であること。 研究課題を追求する上での研究方法及び調査方法が適切かつ効率的に用いられていること。
4.結論の妥当性 導き出された結論が妥当であること。 採用された研究方法及び調査方法によって導き出された結論が妥当であること。
5.研究の独創性と研究分野への貢献 研究の独創性が確保され、当該研究分野への貢献が認められること。 研究の独創性が十分に確保され、当該研究分野への学術的貢献が明確に認められること。
6.その他 なし。 なし。

※観点1~5は学習院大学学位規程第10条第2項、第19条及び第33条、観点6は同規程第10条第4項に基づく。

<特定課題研究>

観点特定課題研究の審査基準
1.研究課題の明確性 研究課題が明確に示されていること。
2.課題を追求する上での方法論の適切性 研究課題を追求する上で採用された方法論が適切であること。
3.研究方法及び調査方法の妥当性 研究課題を追求する上での研究方法及び調査方法が妥当であること。
4.研究の成果の妥当性 導き出された研究の成果が妥当であること。
5.研究の新規性 研究の新規性が確保されていること。
6.その他 なし。

※観点1~5は学習院大学学位規程第10条第3項、観点6は同規程第10条第4項に基づく。

以 上