13.学位論文等審査基準【政治学研究科】

学位論文等審査基準【政治学研究科】

 政治学研究科では、学位審査にあたり、そのプロセスと審査に必要な要件を定めているほか、以下の審査基準を総合的に評価した上で、本研究科の卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき、学位授与を決定しています。

<学位論文>

観点 修士論文の審査基準 博士論文の審査基準
1.研究課題の明確性及び先行研究を踏まえての的確性 先行研究の批判的検討を踏まえ、研究課題が明確かつ的確に設定されていること。 先行研究の批判的検討を踏まえ、学術的意義の高い研究課題が明確かつ的確に設定されていること。
2.課題を追求する上での方法論の適切性 研究課題を追求するための方法論に関する検討を踏まえ、適切な方法が採用されていること。 研究課題を追求するための方法論に関する十分な検討を行い、その中からできる限り適切な方法が採用されていること。
3.研究方法及び調査方法の妥当性 研究課題の解明のために必要な資料やデータなどを十分に収集し、その分析や処理が批判的かつ実証的になされていること。 研究課題の解明のために必要な資料やデータなどをできる限り網羅的に収集し、その分析や処理が学術的に厳密な手続きに従って批判的かつ実証的になされていること。
4.結論の妥当性 研究の結論が、研究課題との対応が明確で、論理や実証面で妥当なものとなっていること。 研究の結論が、研究課題との対応が明確で、論理や実証の点で妥当であり、十分な説得力をもっていること。
5.研究の独創性と研究分野への貢献 研究に独創性が認められ、当該研究分野に一定の学術的貢献をなす可能性を有していること。 研究に高い独創性が認められ、当該研究分野に大きな学術的貢献をなす可能性を有していること。
6.その他 学術論文としての体裁が整ったものであること。 学術論文としての体裁が整ったものであること。

※観点1~5は学習院大学学位規程第10条第2項、第19条及び第33条、観点6は同規程第10条第4項に基づく。

<特定課題研究>

観点 特定課題研究の審査基準
1.研究課題の明確性 各自の問題関心に沿った研究課題が明確に定められていること。
2.課題を追求する上での方法論の適切性 研究課題を追求するための適切な方法について検討を行い、それが採用されていること。
3.研究方法及び調査方法の妥当性 研究課題を解明するために必要不可欠な資料やデータなどを収集し、その分析や処理が客観的になされていること。
4.研究の成果の妥当性 研究を通じて得られた成果が、研究課題を説得的に解明したものとなっていること。
5.研究の新規性 当該研究分野において他の研究との差異化が図られ、あるいは独自性を有していること。
6.その他 学術論文としての体裁が整ったものであること。

※観点1~5は学習院大学学位規程第10条第3項、観点6は同規程第10条第4項に基づく。

以 上