本学への入学を許可された外国人留学生の在留資格の取り扱いについて

  • HOME
  • 入試情報
  • 本学への入学を許可された外国人留学生の在留資格の取り扱いについて

本学への入学を許可された外国人留学生は、原則として入学前に「留学」の在留資格を取得してください。本学学生として、在留資格が「留学」でない場合は、授業料減免や奨学金受給の対象になりません。なお、3月31日16時までに4月1日以降の大学及び大学院への入学に支障のない在留資格を取得できなかった場合は、本学での修学が不可能となります。

A:入学手続時に既に日本国内に居住し、「留学」の在留資格を有している場合
B:入学手続時に既に日本国内に居住し、「留学」以外の在留資格を有している場合
C:入学手続時に日本国外に居住し、在留資格を有しない場合
参考)奨学金・授業料減免制度

A:入学手続時に既に日本国内に居住し、「留学」の在留資格を有している場合

現在の在留期限が2020年1月~5月までに満了する者が、2020年4月入学前の「在留期間更新」の対象です。在留期限に応じて「在留期間更新」の申請を各自で行ってください。在留期限満了の3か月前より、出入国在留管理を所管する行政庁(以下、「出入国在留管理局」という)への申請が可能です。入学前の3月初旬までに速やかに、出入国在留管理局で期間更新の手続を完了してください。
【申請手順】
1 自身の在留期限を確認 2020年1月~5月までに満了する者が対象です。
2 申請書を作成し、アドミッションセンターに提出 本学所定の申請書に必要事項を記入し、「受験番号+カナ氏名」でファイルを保存して、各入試の入学手続締切日までにメールで送信してください。アドミッションセンターへの申請が遅れた場合、入学までに在留期間の更新が間に合わない場合があります。
申請書:「在留資格に関する申請書および入学許可証発行願」
提出先:adms-enq@gakushuin.ac.jp
※メールの件名に「在留資格に関する申請書および入学許可証発行願」と入力してください。
3 アドミッションセンターから書類を受領 本学にて入学手続の完了が確認でき次第、2020年1月より順次郵送します。
4 必要書類を揃えて出入国在留管理局へ申請 必要書類については、法務省のホームページ等で確認してください。

※所属する学校等の変更について、変更後14日以内に本人が出入国在留管理局に届け出ることになっています(活動期間に関する届出)。詳細は出入国在留管理局ウェブサイト(http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/zairyukanri/shozokunikansuru.html)でご確認ください。

B:入学手続時に既に日本国内に居住し、「留学」以外の在留資格を有している場合

長期滞在が可能な在留資格を有している場合、「留学」への資格変更の義務はありませんが、在学中、私費外国人留学生のための学内・学外の各種奨学金制度等の経済的支援を受けることはできません。「留学」への在留資格変更を強く希望する者は、「在留資格変更許可申請」を行ってください。申請手順は「A:入学手続時に既に日本国内に居住し、「留学」の在留資格を有している場合」の2~4を参照してください。

C:入学手続時に日本国外に居住し、在留資格を有しない場合

所定の期日までに入学手続を完了した場合は、本学による「在留資格認定証明書」(「留学」)の代理申請を選択することができます。通常、「在留資格認定証明書」の審査には3ヶ月程度の時間を要しますので、代理申請を希望する場合は、入学手続締切日や延納手続締切日にかかわらず、速やかに入学手続時納付金の振込(一括または延完)を済ませ、2019年11月末までに申請してください。
【申請手順】
1 必要書類をアドミッションセンターに提出 下記の「代理申請に関する必要書類」を参考に書類を用意し、アドミッションセンターまで提出してください。
郵送先:
〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1
学習院大学アドミッションセンター 代理申請係
メール送信先:adms-enq@gakushuin.ac.jp
※メールの件名に「在留資格に関する申請書および入学許可証発行願」と入力してください。
提出期限:2019年11月末(必着)
※提出期限を過ぎた者については、法務省「在留資格認定証明書交付申請」(http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-1.html
のとおり、自身で手続をとってもらうこととなります。
2 アドミッションセンターから書類を受領 本学で東京出入国在留管理局に代理申請を行います。「在留資格認定証明書」が発給されたら、申請者本人宛に送付いたします。
3 本国の日本国大使館・領事館で「留学」ビザ(査証)を取得 速やかに本国の日本国大使館または領事館にて、「留学」ビザの発給申請手続きを行ってください。
【代理申請に関する必要書類】
下記を参考に書類を用意し、アドミッションセンターまで送付してください。書類に不備があると、出入国在留管理局での「在留資格認定証明書」の発給までに時間がかかりますのでご注意ください。
在留資格に関する申請書および入学許可証発行願 本学所定の申請書に必要事項を記入し、「受験番号+カナ氏名」でファイルを保存して、上記提出期限までにメールで送信してください。
申請書:「在留資格に関する申請書および入学許可証発行願」
メール送信先:adms-enq@gakushuin.ac.jp
※メールの件名に「在留資格に関する申請書および入学許可証発行願」と入力してください。
在留資格認定証明書交付申請書 「申請人等作成用1-3」を記入漏れなく作成し、「受験番号+カナ氏名」でファイルを保存してアドミッションセンターまで送信し、さらに、印刷したものを送付してください(写真の貼り付けは不要です)。
申請書:「在留資格認定証明書交付申請書」
証明写真2枚(縦40mm×横30mm) 申請前6か月以内に撮影され、上半身無帽、無背景で鮮明なものを送付してください。
※②在留資格認定証明書交付申請書への貼り付けは不要です。
パスポートのコピー 氏名・国籍・顔写真・パスポート番号・パスポートの有効期限が記載されているページをコピーしてください。
預金残高証明書の原本 ②在留資格認定証明書交付申請書の「26 滞在費の支弁方法等」の(3)経費支弁者に記載されている方の残高証明書を提出してください。日本語または英語以外の言語の場合は日本語訳または英訳を添付してください。
【注意事項】

1.本学が代理申請をする在留資格の種類は「留学」です。その他の在留資格に申請される場合は、ご自身で申請を行ってください。
2.本学への入学を辞退する場合は、至急「在留資格認定証明書」を返送してください。
3.他大学にも合格した場合、「在留資格認定証明書」の交付が重複しないように注意してください。重複している場合は、証明書は交付されません。
4.書類に不備がある場合は、「在留資格認定証明書」の代理申請はできませんので、不備がないようにご注意ください。なお、必要に応じて、出入国在留管理局より追加書類が要求されることがあります。
5.在留資格審査は法務省出入国在留管理局が行うため、交付が遅れる場合や不許可となった場合、本学は一切の責任を負いません。
6.提出期限までに入学手続時納付金の振込み(一括または延完)、かつ申請書類の提出ができない場合は、法務省ウェブサイト(http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-1.html)を参考に、志願者本人が東京出入国在留管理局で手続きを行ってください。
ただし、査証免除/短期滞在ビザ(観光)で入国した場合、原則として、日本国内での資格変更は認められておりません。一度出国し、日本以外の国の日本大使館・領事館で在留資格認定証明書を提出し、留学ビザを取得してから再入国してください。

奨学金・授業料減免制度

本学には、私費外国人留学生のための奨学金制度・授業料減免制度があります。いずれも「留学」の在留資格(出入国管理及び難民認定法(昭和26年政令代319号)第2条の2第2項別表第1の4の表中)をもつ者が対象です。詳細はこちらをご覧ください。