としまコミュニティ大学講座「電球:科学技術の誕生と発展そして終焉」

  • HOME
  • EVENTS
  • としまコミュニティ大学講座「電球:科学技術の誕生と発展そして終焉」

 「としまコミュニティ大学」(豊島区共催)の一環として、本学大学長・理学部物理学科 荒川 一郎 教授による講演を下記の通り開催いたします。

◆講 演:「電球:科学技術の誕生と発展そして終焉」
19世紀に発明された白熱電灯は世の中を格段に明るくしました。20世紀後半に蛍光灯が現れ、21世紀にはLEDが実用化されて、灯りとしての使命をほぼ終えました。この間の電球にまつわる科学技術史をお話します。

◆講 師:本学大学長・理学部物理学科 荒川 一郎 教授
◆日 時:2020年11月7日(土)午後2時~4時
◆会 場:雑司が谷地域文化創造館第2・3会議室
◆申 込:豊島区のホームページをご確認ください。
◆費 用:一般の方 1,000円(当日会場受付でお支払いください)
◆定 員:30名

※10月23日(金)午前9:00より予約受付開始。

※区内7大学生(川村学園女子・女子栄養・大正・帝京平成・東京音楽・立教・本学)、立教セカンドステージ生、本学教職員は無料。

※本講座につきましては、豊島区だけでなく、豊島区以外の中学生・高校生の方も、無料でご招待しております。講座申し込み時に中学生または高校生である旨をお申し出いただき、当日受付にて、学生証をご提示ください。

※新型コロナウイルス感染症の影響により中止となる可能性もございます。


以上