地域日本語教育シンポジウム「『豊かな日本語使用』を考える」開催のお知らせ(2月3日更新)

  • HOME
  • EVENTS
  • 地域日本語教育シンポジウム「『豊かな日本語使用』を考える」開催のお知らせ(2月3日更新)

豊島区は人口の約9%が外国籍住民であり(令和3年1月1日現在)、区内の多文化・多言語化が進んでいます。しかし、外国籍住民と日本籍住民はどのぐらい交流をしているでしょうか。外国籍住民の方々は日本語でのコミュニケーションに不自由を感じていないでしょうか。そして、日本語学習の環境を整えるために、私たちは何をすればいいでしょうか。

本シンポジウムでは、こういった問いの下、区内在住外国人に対する日本語学習環境調査の報告、区内日本語教育ネットワーク「日本語ネットとしま」及び教育実践の紹介、第二言語習得に関する講演を行います。地域における「豊かな日本語使用」とは何かを皆さんとともに考える機会としたいと思います。

日時:令和3年3月6日 土曜日 午後1時30分~5時

場所:学習院大学西5号館3階301・302(オンラインでも同時開催)

 *状況により、オンラインのみでの開催となる可能性があります。

対象:豊島区及び近隣地域在住・在勤・在学で本テーマに関心をお持ちの方

<シンポジウムの内容>

  1. 趣旨説明:「豊かな日本語使用」について考えることの意味
  2. 豊島区多文化共生推進施策の現状(豊島区政策経営部企画課多文化共生推進グループ)
  3. 「豊島区における日本語学習環境と情報交流に関する実態調査」報告
  4. 講演「第二言語習得の理論を実践に生かす-インプット、インターアクションの役割とは-」                                                                                                           (学習院大学文学部 中上亜樹)
  5. 地域における日本語学習環境作り-豊島区の現状と可能性-
  6. 来年度に向けて:意見交換、今後の計画 

*申し込み等詳細は、こちらから

お問合せ

学習院大学「地域日本語教育シンポジウム」係

EM nnet.toshima.jimu@gmail.com

☎ 03-5992-1024(国際センター)