教員紹介

脇坂 明教授

Akira Wakisaka

研究分野
労働経済学、人事労務管理、女性労働
担当科目
労働経済学特論Ⅰ、労働経済学特殊研究

略歴

1977年 京都大学経済学部卒業
1982年 京都大学大学院博士課程単位修得退学
1982年~1999年 岡山大学経済学部
1999年より 学習院大学経済学部教授
2011年より 学習院大学経済学部長
1999年 経済学博士(京都大学)

主要業績

『労働経済学入門─新しい働き方の実現を目指して』日本評論社 2011年(単著)
『職場類型と女性のキャリア形成・増補版』御茶の水書房 1998年(単著)
『日本型ワークシェアリング』PHP研究所 2002年(単著)
『経営戦略としてのワーク・ライフ・バランス』第一法規 2008年(共著)
“Women at work” in M. Sako and H. Sato eds., Japanese Labour and
Management in Transition -- diversity, flexibility and participation.
London and NY; Routledge 1997(共著)
“Implementation and Status of Work-Life Balance Viewed from Matching Data”, Japan Labor Review, Vol. 4, No. 4(7-35), Autumn 2007.

学外での活動

日本キャリア・デザイン学会会長
日本経済学会会員、社会政策学会、日本労務学会
内閣府男女共同参画会議 監視・影響調査専門会ワーキングチーム委員
厚生労働省 今後の仕事と家庭の両立に関する研究会委員
神奈川県職業能力開発審議会会長
東京地方労働審議会副会長

メッセージ

ワーク・ライフ・バランスを中心に労働経済に関わる研究を行っています。関連するテーマに関心のある方は是非来てください。学習院で開発しました。詳しくは、GEM のホームページをご覧下さい。