海外短期研修プログラム

海外短期研修(いわゆる「短期留学」)は、夏休み等長期休業に渡航できる点が魅力で、様々な活動に忙しく1年間など長期の留学に踏み切ることができない学生の人気を集め、学習院大学でも毎年300名以上の学生が参加しています。また、長期留学の事前準備として参加するケースも少なくありません。
海外短期研修に参加するには、斡旋業者を利用するなど、いくつか方法がありますが、国際センターや、各学科等が主催しているプログラムを利用することもできます。
 特に、国際センターが主催する海外研修は、以下もオススメです。
  1)短期語学研修・文化体験プログラム-  語学力向上と異文化理解を目指すプログラムです。
  2)ユニークな課題探求型研修★  -  派遣先の各地で語学を学ぶだけでなく、海外アクティブラーニングや国際日本研究、海外ボランティアなど、一歩踏み込 んだグローバル体験の場を提供します!
  3)「基礎教養科目」対象プログラム-  授業単位になるプログラムもあります(シラバスをご覧ください)。


※参加者による体験談は「留学した先輩からのメッセージ」をご覧ください。
※海外短期研修への奨学金については、「学習院大学海外短期語学研修奨学金」などがあります。

国際センター主催の海外短期研修他プログラム

2019年度実施予定の国際センター主催の海外短期研修プログラムを紹介します。
※この他に、各学科等が実施するプログラムもあります。参加を検討する場合、各学科等主催部署に実施予定を確認してください。

海外短期研修他プログラム 2019年度版パンフレット (国際センター窓口で配布しています)

※スマホ・iPhoneでは横にスライドして見ることができます。

主催 研修先(募集概要) 国・募集チラシ 言語 実施時期
全学科対象の海外短期研修
国際センター 短期語学研修・文化体験7コース イギリス、アメリカ、エストニア、韓国、台湾、日本国内 (詳細は以下参照) 英語、韓国語、中国語 夏季休業
春季休業
国際センター 学習院-セインズベリー日本藝術研究所提携プログラム[国際日本研究プログラム] イギリス・募集チラシ
申込みサイト
夏季休業
国際センター(旧・国際研究教育機構HPへリンク) 学習院-アルザス欧州日本学研究所提携プログラム[国際日本研究プログラム] フランス・募集チラシ
申込みサイト
夏季休業
国際センター フライブルク大学[GCEドイツ] ドイツ・募集チラシ
申込みサイト
ドイツ語 夏季休業
国際センター ブザンソン・フランシュ・コンテ大[GCEフランス] フランス・募集チラシ
申込みサイト
フランス語 夏季休業
国際センター(旧・国際研究教育機構HPへリンク) 復旦大学[GCA上海] 中国(上海)・募集チラシ
申込みサイト
中国語 夏季休業
国際センター(旧・国際研究教育機構HPへリンク) 東呉大学[GCA台湾] 台湾(台北)・募集チラシ
申込みサイト
中国語 夏季休業
国際センター(旧・国際研究教育機構HPへリンク) 高麗大学校[GCA韓国] 韓国(ソウル)・募集チラシ
申込みサイト
中国語 夏季休業
国際センター(旧・国際研究教育機構HPへリンク) 学習院グリーン元気プロジェクト[GGG] モンゴル(チョイバルサン・ノモンハン)
申込みサイト
夏季休業
学部・学科学生対象の海外短期研修(他学部・学科学生を受け入れる研修も一部あり)
英語英米文化学科 ダブリンシティ大学 アイルランド 英語 夏季休業
政治学研究科 ホーソン英語学校(メルボルン大学提携校) オーストラリア 英語 夏季休業

上記の他に、ドイツ語圏文化学科では、本学協定校であるバイロイト大学等での夏期ドイツ語講習会に参加する学生のサポートを行っています。

国際センター主催の海外短期研修 [短期語学研修・文化体験8コース]

夏季英語研修(イギリス・
ヨーク大学)
 
春季英語研修(イギリス・
エディンバラ/ヨーク大学)
韓国語研修(ソウル・
東国大学校)
中国語研修(台湾・
淡江大学)
 NEW!    
英語研修(日本国内・
ブリティッシュヒルズ)
英語研修(エストニア・
タルトゥ大学)
英語研修(アメリカ・
ノースカロライナ州立大学シャーロット校)
 

2019年度 春季 英語研修(イギリス・エディンバラ/ヨーク大学)

本学協定校である、エディンバラ大学、ヨーク大学(イギリス)にて語学研修(英語)を実施します。 エディンバラ大学は今回、英語中級レベル以上の集中コースとし、ヨーク大学は、現在の語学力を問いません。いずれの大学も、学科を問わず応募できます。「部活で夏休みに時間が取れなかった」という方、「1年間の留学はためらいがあるけど、短期なら…!」という方、「長期留学に挑戦する準備をしたい!」という方など、ぜひこの機会を活用してください。

参加説明会: 第1回 2019年10月7日(月)12:20~12:50 中央教育研究棟405教室
第2回 2019年10月15日(火)12:20~12:50 中央教育研究棟405教室
※内容は両日とも同じです。いずれかの日程に参加してください。
※予約不要 ※昼食持参可
渡航期間: 2020年2月2日(日)-2月23日(日) 22日間(移動日を含む)
滞在方法: ホームステイ
研修費用: 約49.6万円(エディンバラ大学)、約46.2万円(ヨーク大学)
募集人数: 各15名 (合計30名)
応募方法: 以下のURLより応募していただきます。(受付終了)
https://www.supportyou.jp/ori/form/43/
※「誓約書」は後日提出していただきますので、保証人の方と内容を確認しておいてください。
※詳細はG-Portのお知らせ(2019年10月15日付更新)に添付する募集要項を参照してください。
応募期間: 2019年10月8日(火)9:00~10月23日(水)16:00
参加者発表: 2019年10月30日(水)9:00~11月6日(水)16:00
その他: 本研修を対象とした奨学金制度が設けられています。詳細は参加者決定後に連絡します。

※上記募集内容は、予定であり、変更が生じる可能性がありますのでご了承下さい。

2019年度 夏季 英語研修(エストニア・タルトゥ大学)

このプログラムは本学協定校であるタルトゥ大学(エストニア)が提供する北海道大学及び東北学院大学と本学の学生を対象にした、英語とエストニア文化を学ぶ内容です。ヨーロッパの隠れ家的存在とも言われるエストニアで 、この夏、日本とはひと味違う中世の世界に触れてみませんか?
参加説明会: 第1回 2019年5月14日(火) 12:20~12:50 中央教育研究棟303教室
第2回 2019年5月20日(月) 12:20~12:50 中央教育研究棟303教室
※内容は両日とも同じです。いずれかの日程に参加してください。
※予約不要 ※昼食持参可
応募締切:
応募方法:
日時:2019年 5月31日(金)16:00
以下のURLより応募してください。
https://www.supportyou.jp/ori/form/35/
※詳細はG-Portのお知らせに添付されている募集要項を参照してください。
研修先と
滞在方法:
エストニア・タルトゥ大学
ホームステイ (タリン・タルトゥ各都市に10泊ずつ)
研修期間: 2019年 8月18日(日) ~ 9月8日(日) 22日間(移動日を含む)
募集人数: 10名程度(最小催行人数10名以上)
参加費: 489,000円程度(予定)
※研修参加費、教材費、食費(朝・夕)、ホームステイ宿泊費、往復航空運賃込み
その他 本研修を対象とした奨学金制度が設けられています。詳細は参加者決定後にお知らせします。

※上記募集内容は、予定であり、変更が生じる可能性がありますのでご了承下さい。

2019年度 夏季 英語研修(日本国内・ブリティッシュヒルズ)

br-house

昨年度に引き続き、今年度も、海外だけではなく、国内にいながら、英語だけのコミュニケーション環境と異文化交流を体験できる 英語研修を、ブリティッシュヒルズにて実施します。
本研修は、学習院大学の学生のためにデザインされた英語研修となり、2泊3日の集中レッスンでは英語の総合的向上を目指しつつ、特に、口頭での コミュニケーションスキルに焦点を当て、英語でのコミュニケーションに自信を持つことを目的としています。 また、ネイティブ講師によるレッスンの受講に加え、施設、講師、スタッフといった英語だけの環境の中で生活する体験を通じ、国内にいながらの異文化体験を得ることが出来ます。 海外留学の準備をしたい方、海外は難しいけれど留学・異文化体験をしてみたいという方、英語でのコミュニケーションスキルをこの夏とくに上達さ せたいという方、ブリティッシュヒルズでの英語研修に参加しませんか?

説明会: 説明会は終了しましたが、個別に相談に応じます。
ご興味のある方は国際センター(中央教育研究棟2階)までお気軽にお越しください。
応募方法: 以下のURLより応募してください。
https://www.supportyou.jp/ori/form/35/
※「誓約書」は後日提出していただきますので、保証人の方と内容を確認しておいてください。
※詳細はG-Portのお知らせ(6月15日(土)付)に添付されている募集要項を参照してください。
応募締切: 2019年7月9日(火) 16:00
研修先: ブリティッシュヒルズ(福島県岩瀬郡天栄村)
研修期間: 2019年8月16日(金) ~ 8月18日(日) 2泊3日
募集人数: 3名(追加募集)
※先着順。最小催行人数15名。定員に達し次第、募集を締め切ります。
参加費: 75,000円程度(予定/研修参加費、教材費、食費、宿泊費、交通費込)
※参加人数により、研修費用に変更が生じる可能性があります。
研修の特長: ・ネイティブ講師による、コミュニケーションを中心とした英語レッスンに参加します。
・研修施設内は、サービス、売店他を含め、英語で行うこととしており、自由時間や、夕食後のフリータイムアクティビティにおいても、英 語を使って生活する体験をします。
・授業だけではなく、「オリエンテーション」、「英国文化体験」、「マナー講習付きディナー」等、実際に参加しながら楽しく 英語に触れるプログラムが含まれています。
・研修先には、ネイティブ講師のほか日本人スタッフもいて、安心です。

※上記募集内容は、予定であり、変更が生じる可能性がありますのでご了承下さい。

2019年度 夏季 英語研修(イギリス・ヨーク大学)

york

本学の協定校であるヨーク大学(イギリス・ヨーク)で行われる英語研修の参加者を募集します。
当研修は、基礎教養科目「海外語学研修」として実施され、修了者には、所定の単位が付与されます。 (「海外語学研修」の詳細はシラバスをご覧ください) 

参加説明会: 1.2019年4月8日(月)12:20~12:50
2.2019年4月10 日(水)12:20~12:50
中央教育研究棟3階303教室(両日とも)
※いずれかの日程で参加してください。同内容。
※予約不要。昼食持参可。
※都合が合わない方は、個別に相談に応じますので、中央教育研究棟2階の国際センターまでお越しください。
応募方法: 募集要項やG-Portのお知らせ(4月1日付)を参照してください。
応募期間: 2019年4月8日(月)13:00~4月12日(金)16:30
渡航期間: 2019年8月3日(土)~25日(日)23日間(移動日を含む)
募集人数: 30名
参加費: 55.1万円程度
・航空券、授業料、ホームステイ費、ホームステイ期間中の食事等込み。
・この研修の参加者は、(独)日本学生支援機構海外留学支援制度(8万円/給付)又は「学習院大学短期語学研修奨学金」(上限10万円/給付)に申請することができます。
特長: ・授業内容:授業時間は1週間当たり21.5時間。様々なトピックを題材に、Speaking, Listening, Reading, Writingの技能を向上させ、 正しい文法の使い方、発音の矯正を行います。また、ディスカッションや、各自のテーマに基づく調査プロジェクトの運用、そのプレゼンテーション など、実戦的な英語運用能力を伸ばす機会を多く設けています。これらは、チューターにより、綿密に評価、アドバイスを受けることができます。
・ヨーク大学は、15,000人以上の学生と30以上の教育研究部門を擁する、英国内の大学の中でも、非常に高い評価を得ている大学です。 「The Times Higher Education World University Rankings for 2015-2016」では131位にランクされる等、英国における上位の大学として評され、 特にその教育水準の高さに定評があります。
・滞在方法はホームステイです。日常の英語に触れられるホームステイは、語学研修には最適な滞在方法です。

※上記募集内容は、予定であり、変更が生じる可能性がありますのでご了承下さい。

2019年度 夏季 英語研修(アメリカ・ノースカロライナ州立大学シャーロット校)

UNCC.jpg

本学の協定校であるノースカロライナ州立大学シャーロット校(アメリカ)で行われる英語研修の参加者を募集します。
当研修は、2019年度から新たに実施するプログラムで、学習院大学生のために特別にデザインされた英語研修となっています。詳細は説明会で配布する募集要項及びパンフレットを参照してください。

参加説明会: 1.2019年3月26日(火)12:20~12:50
2.2019年4月16日(火)12:20~12:50
3.2019年4月18日(木)12:20~12:50
中央教育研究棟3階303教室(いずれも)
※いずれかの日程で参加してください。同内容。
※予約不要。昼食持参可。
※都合が合わない方は、個別に相談に応じますので、中央教育研究棟2階の国際センターまでお越しください。
応募方法: 募集要項やG-Portのお知らせ(4月1日付)を参照してください。
応募期間: 2019年3月26日(火)13:00~4月19日(金)16:30
渡航期間: 2019年8月4日(日)~25日(日)22日間(移動日を含む)
募集人数: 12~15名
参加費: 75.2万円程度
・航空券、授業料、宿泊費、宿泊期間中の食事(朝・夕)等込み。
特長: ・授業内容:総授業時間の70時間に加えて体験型学習も実施。留学先大学で日本語を学ぶ学生と授業に参加する1週間と、残りの2週間は集中英語コースで主に発音やスピーキングを集中的に学び、伝わる英語を身につけるDual Immersionプログラムです。現地の学生との豊富な交流や活動を通して使える英語を身につけることができます。
・ノースカロライナ州立大学シャーロット校は、ノースカロライナ大学群の1校として1964年に創立された研究大学です。緑に囲まれた広大なキャンパスを有し、森や湖が広がる素晴らしい環境にあります。大学周辺にはUniversity Reserach PrakやShopping Mallがあり、大学生活に便利な環境が整っています。アメリカでもっとも活発な国際交流プログラムをもつ大学として評価されています。
その他: 本研修を対象とした奨学金制度が設けられています。詳細は参加者決定後に連絡します。

※上記募集内容は、予定であり、変更が生じる可能性がありますのでご了承下さい。

2019年度 夏季 韓国語研修(ソウル・東国大学校)

dongguk

今年も、韓国・ソウルにある東国大学校(本学協定校)での短期研修を実施します。
韓国語の学習だけでなく、講義や芸術鑑賞などの文化体験の他、フィールドトリップも含まれた盛り沢山なプログラムとなっています。
現在の語学力や学科を問わず参加できますので、韓国語や韓国に少しでも興味のある方、大学で学び始めた韓国語の力試しをしてみたい方、是非 ご応募下さい。

参加説明会: 日時:2019年4月19日(金)、4月25日(木) 12時20分~12時50分
  ※4月19日(金)の説明会は東国大学校の担当者が日本語で説明予定です。
場所:中央教育研究棟3階303教室(時間と場所は両日とも同じ)
  ※予約不要。昼食持参可。
応募方法: 応募ページはこちら(リンク先より応募登録してください。) 募集要項等はG-Portのお知らせ(4月1日付)を参照してください。
応募締切: 2019年5月10日(金)16:00 (先着順)

研修内容

渡航期間: 2019年8月4日(日)~17日(土)(移動日を含む)
募集人数: 15名(最少催行人数10名)
参加費: 約185,000円(暫定)
※航空運賃、現地空港送迎費用、授業料、寮費、教材費、文化体験プログラム入場料、修学旅行費込み
※上記金額に対して、協定校割引が適用される可能性があります
授業内容: 午前(09:00~12:00)
韓国語教育(クラス別定員:10~15人)

午後(13:30~15:00)
テーマ講義、文化体験プログラム、Buddyとの交流

日本語によるテーマ講義(4回):
韓流文化の世界化戦略、韓食文化について、K-Beauty産業のマーケティング

文化体験プログラム:
修学旅行(江原道エリア)、NANTA公演観覧、キムチ作り体験、韓服試着体験、漢江遊覧船、チャング体験
研修の特長: ・ソウルの中心地にある大学で、宿泊先となる大学寮も新築のため、快適な留学生活が送れます。
・韓国語はクラス分けがあるため、全くの初級者からある程度勉強してきた人まで対応しています。
・日本語堪能な現地大学スタッフがいるため、安心です。
・日本語を学ぶ現地学生のバディが付き、日本の他大学からも参加があるため、たくさんの出会いが期待できます。
・芸術学部の演劇映画学科があり、少女時代、T-ARA、超新星のメンバーなども在学、多数の映画俳優・監督やアーティストを輩出してき た大学としても有名なため、普段見られない放送局見学もあります。キャンパスで韓流スターに会えるかも?
※上記募集内容は、予定であり、変更が生じる可能性がありますのでご了承下さい。

2019年度 春季 中国語研修(台湾・淡江大学)NEW!!

tamkang

本学協定校である、淡江大学(台湾)にて語学研修(中国語)を実施します。
クラスは、中国語の様々な面に焦点を当てた初級、中級、上級の3レベル編成です。現在の語学力にかかわらず参加でき、もちろん、学科や専攻 も問いません。(淡江大学が一般に向けに開いている研修ですので、他大学からの参加者もいます)
レッスンに加え、現地大学生との交流他、中華文化への理解をさらに深める各地へのフィールドトリップもあります。

参加説明会: 日時:2019年11月14日(木)、11月20日(水) 12時20分~12時50分
場所:中央教育研究棟3階303教室
※説明会は終了しましたが、国際センター(中央教育研究棟2階)で随時、個別に説明いたします。
実施日程: 2020年 3月 8日(日)から 3月21日(土)の14日間
研修内容: 時間割表(Japanese/Chinese)(クリックすると表示されます) 
※最新版
参加費: 約212,000円(授業料、渡航費、寮費、教材費、フィールドトリップ等費込み)※2019年11月8日現在
研修期間中は、キャンパス近隣の学生寮への宿泊を予定(参加費用に含む)。
募集人数: 15名程度  ※現在、定員5名まで追加募集中!(定員になり次第、締切。先着順)
応募期間:
応募方法:
2019年11月14日(木)~27日(水)16時00分
※追加募集期間 12月9日(月)11時00分 締切

以下のURLより応募してください。
https://www.supportyou.jp/ori/form/43/
(申込書類及び方法は、G-Portのお知らせ(10月18日(金)付)に添付されている募集要項でご確認ください。)
過去の様子: 写真 (クリックすると表示されます)
  • ※上記募集内容は、予定であり、変更が生じる可能性がありますのでご了承下さい。