新型コロナウイルス感染症(COVID-19)学生向けQ&A

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)学生向けQ&A

A: 一般的に肺炎などのウイルス感染症などでは、症状が最も強く現れる時期に感染リスクが高くなると考えられていますが、新型コロナウイルスでは、症状がでる前から感染が広がるとの報告がなされています。よって一人一人がソーシャルディスタンス、マスク、手洗い、換気などの一般的な感染対策を実施し、予防に取り組んでください。

A: 自宅待機してください。発熱がなくてもだるさや風邪症状があるときは自宅待機とし様子をみるようにしてください。判断に迷うときは保健センター(03-5992-1258)へご相談ください。

A: 少しでも密を避けるために現状が落ち着くまで、インボディ及びアルコールパッチテストは中止とさせていただきます。

A: 体調不良時の相談や検温測定などは保健センター内で可能ですが、ベッドでの休養はせず早めの帰宅または必要時は医療機関を紹介しています。

A: 帰宅となります。自宅で休んでください。

A: 購入してください。

A: 新型コロナウイルス感染症は学校保健安全法に定める「第一種感染症」とみなされるため治癒するまで出席停止となります。その際、大学保健センター(03-5992-1258)へ連絡をお願いします。授業その他連絡は教務課へ相談をしてください。

A: 大学内外問わず身体的距離の確保(できるだけ2m)、2.マスクの着用、3.手洗い、の3つを、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた生活様式です。可能な限り実践できるようにしましょう。

A: 濃厚接触者となるかどうか保健所から連絡がくるまでは、自宅待機とし健康管理をしてください。濃厚接触者となった場合は、保健センター(03-5992-1258)へ連絡をしてください。また、PCR検査を実施した場合も検査結果は必ず保健センターへ連絡をしてください。

A: 精神科医との面談予約が可能です。ZOOMでの面談も可能です。まず、保健センター(03-5992-1258)にご相談ください。

A: インフルエンザ予防接種を推奨します。接種優先順位が決められている医療機関もありますが、時期をみながら可能であれば接種をお勧めします。症状がでたら我慢せずすぐにもよりの医療機関へ連絡し受診方法を確認してください。

*感染した人に罪はありません。新型コロナウイルス感染症は誰でも感染する可能性があります。体調がよくないときは、周りの人からどう思われるか気にせず、最寄の医療機関または保健センター(03-5992-1258)へ相談してください。皆さんの命を守ることが何より大切です。

【関連情報ホームページ】

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

東京都新型コロナウイルス感染症が心配なとき