海外渡航時の安全確保について


学生・教職員各位
学長 井上 寿一

海外渡航時の安全確保について

昨今の海外情勢(シリアでの邦人の拘束、パリ東部及び近郊における人質拘束事案等)を受けて、文部科学省より、日本人がテロを含む様々な事件に巻き込まれる危険について注意喚起がなされるとともに、学生及び教職員の安全確保に細心の注意を払うよう要請がありました。 
 
シリア、イラクのみならず、退避勧告が出されている国や地域に渡航を予定している方は、渡航の中止や渡航先・渡航時期を変更するなど、適切な対応をとるようお願いします。 
 
引き続き海外に滞在している場合又は新たに渡航する場合は、以下の点に留意し、安全確保に十分配慮してください。
 
  1. 報道機関及び滞在先日本国大使館又は総領事館から最新の情報を入手すること。
  2. 危険情報が出されている国や地域だけでなく、いかなる国や地域等であっても、外務省が実施している渡航登録サービスを利用すること。
 
 ○外務省海外安全ホームページ   http://www.anzen.mofa.go.jp/
 ○外務省渡航登録サービス     https://www.ezairyu.mofa.go.jp/
 
以上