平成29年度 経済学部一般入試「政治・経済」の出題ミスについて(お詫び)

  • HOME
  • 入試情報
  • NEWS
  • 平成29年度 経済学部一般入試「政治・経済」の出題ミスについて(お詫び)

 平成29年2月6日(月)に実施しました学習院大学経済学部一般入試の「政治・経済」において、出題ミスがありました。
 受験生ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

出題ミスの内容と対応

《内容1》
 大問Ⅰ 2ページ1行目の問題文中、経済協力開発機構(OECD)が税源浸食と利益移転(BEPS)の問題に対応するための行動計画をまとめた最終報告書の公表年月について、2015年10月とすべきところを2015年9月と誤記しました。
《対応》
 この誤記は、設問の正解を導く上で影響を及ぼすものではありませんが、問題文として適切ではありませんので訂正いたします。

《内容2》
 大問Ⅳ 14ページ10行目の問2の選択肢cの文中、世界貿易機関(WTO)がジュネーブに本部を置く、常設の国際機関となった年を、高等学校教科書に載せられている1995年でなく、ウルグアイ・ラウンド交渉の結果設立が合意された1994年(外務省のウェブサイトによる)と記載しました。
《対応》
 世界貿易機関の説明として最も適切でないものを1つ選ぶという設問において、複数解答が生じ得ることから、大問Ⅳの問2は解答不能であったと判断し、全員正解として加点する措置をとりました。