平成31年度一般入試 国際社会科学部(コア試験)及び経済学部(プラス試験)における「日本史」の出題ミスについて(お詫び)

  • HOME
  • 入試情報
  • NEWS
  • 平成31年度一般入試 国際社会科学部(コア試験)及び経済学部(プラス試験)における「日本史」の出題ミスについて(お詫び)

 平成31年2月11日(月)に実施しました、学習院大学一般入試国際社会科学部(コア試験)及び経済学部(プラス試験)の「日本史」において、出題ミスがありました。
 受験生ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
 
出題ミスの内容と対応
p.14大問Ⅴ〔設問〕(1)
 設問文(1)が不適正で、正解が出ない出題になっていました。「1941年7月下旬,東南アジアの資源獲得や蔣介石政権支援ルートの遮断などを目的として」という設問文によると、「1941年7月下旬」から「南部仏印進駐」が導き出され、「蔣介石政権支援ルートの遮断」から「北部仏印進駐」が導き出されます。このため、正解が定まらない設問文になっておりました。
 このため、当該問題について受験者全員に2点を与点することにいたしました。