平成30(2018)年度 在学生調査 集計・分析報告書の公開

  • HOME
  • NEWS
  • 平成30(2018)年度 在学生調査 集計・分析報告書の公開


 本学では、在学生の皆さんの1年間の振り返りとなること、また本学の教育改善に活かすことを目的に、在学生調査を実施しています。ラーニング・ポートフォリオシステム上で回答いただき、フィードバックをシステム上で確認できるようにしています(実施概要はページ下部のとおり)。
 ここでは、基本集計で傾向をつかむとともに、皆さんの大学生活への取り組みと、1年間の学びの成果(のひとつ)としてのGPAにどのような関係があるかを捉え、皆さんに役立てていただきたいと思います。


【平成30年度 在学生調査 集計・分析報告書】
 ⇒ 第1章 基本集計結果(学年別集計)
 ⇒ 第2章 在学生調査とGPA
 ※ 第1章~第2章をまとめてご覧になる方は→こちら

【在学生の方へ】
 本報告書では、皆さんの大学での学習や諸活動への取り組み方と、GPAとの関係を読み解きました。 全体の傾向を知りながら、自分はどんなふうに一年を過ごしたか、今後の大学生活をどのようなものにしていきたいか、という視点で報告書を見るときっと発見があることでしょう。

【在学生以外の方へ】
 本報告書では、在学中の学生の回答をまとめました。学生たちの一側面ではありますが、本学の今をご覧いただけることと思います。本学ではこのような調査を通じ、学生本人の振り返りを支援するとともに、よりよい教育・施策を検討するためのデータとして活用していきます。

【実施概要】
 対象者:平成30年度全学部1~3年生(休学中等を除く)
 実施期間:平成31年2月10日~平成31年4月19日

学年 対象者数 回答者数
全問回答 一部回答 合計
1年 2,187 146
(6.7%)
118
(5.4%)
264
(12.1%)
2年 2,309 74
(3.2%)
117
(5.1%)
191
(8.3%)
3年 2,209 40
(1.8%)
47
(2.1%)
87
(3.9%)