理学部 平野 琢也 教授が総務省の量子暗号通信の公募研究に選定されました

  • HOME
  • ピックアップ
  • NEWS
  • 理学部 平野 琢也 教授が総務省の量子暗号通信の公募研究に選定されました

理学部物理学科 平野 琢也 教授(量子光学)は、量子暗号技術の社会実装に向けた国家プロジェクトである総務省「令和2年度 情報通信技術の研究開発に係る提案の公募ーグローバル量子暗号通信網構築のための研究開発ー」に他機関とともに応募(※)、委託先候補として選定されました。

※共同応募者:株式会社東芝、日本電気株式会社(NEC)、三菱電機株式会社、浜松ホトニクス株式会社、古河電気工業株式会社、東京大学、北海道大学、横浜国立大学、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、国立研究開発法人産業技術総合研究所(AIST)、国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)

参考サイト(外部サイト)
総務省 公募結果 
総務省 プロジェクト概要(公募時資料)

平野研究室サイトより・・・
平野研究室では、レーザー等の光技術を用いて光及び物質の量子力学的な性質の研究を行っています。 主な研究テーマとして、87RbにおけるBose-Einstein 凝縮の研究、ホモダイン検出を用いた量子暗号、連続的な状態を移す量子テレポーテーションについての実験を行っています。

以 上