海外から再入国・入国・帰国等する際の手続について(新型コロナウイルス感染症関連)

  • HOME
  • 国際交流・留学
  • NEWS
  • 海外から再入国・入国・帰国等する際の手続について(新型コロナウイルス感染症関連)
海外から再入国・入国・帰国等する際、以下の手続が必要になります。待機期間(14日間)が終了するまでは、大学のキャンパス等に来訪されないようにしてください。


搭乗予定航空便の出発時刻前72時間以内にPCR検査を受け、「陰性」であることを証明する「検査証明書(所定のフォーマット.docx)」を取得すること
日本入国後の待機場所を出国前に確保すること
到着する空港から待機場所までの移動手段を確保すること
日本に入国後、空港でPCR検査を受けること
入国の次の日から起算して14日間、自宅等で待機すること
待機期間中に有症状が出た場合は、速やかに大学保健センターへ連絡するとともに、国際センターへも連絡すること。

詳細は以下をご参照ください。

・海外からの再入国・入国・帰国する際の手続について(外国人の方)

「再入国許可をもって出国した者」については、G-Portのお知らせ(『在留資格を有する外国人の再入国について[第3報](9月1日付)』及び『在留資格を有する外国人の再入国・新規入国について[第4報]』(10月6日付))をご参照ください。

・海外からの再入国・入国・帰国する際の手続について(日本人の方)

海外から帰国した日本人は、上記①から⑤の「海外からの再入国・入国・帰国する際の手続きについて」をご確認ください。

【参考】

法務省ホームページ(http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/0000000451.html
厚生労働省ホームページ(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

学習院大学国際センター
03-5992-1024
guic-off@gakushuin.ac.jp