緊急事態宣言の再発令に伴う対応について

  • HOME
  • NEWS
  • 緊急事態宣言の再発令に伴う対応について

学生の皆さんへ

学習院大学

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、令和3年1月7日に改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の再発令が、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県を対象として行われる見通しとなっています。なお、大学に対しては休業の要請はされない見込みです。

 これらの状況を踏まえまして、本学としては、令和3年1月の授業(補講)及び学年末試験は、令和2年9月28日以降と同様に、

① 授業は、対面形式では行わず、原則として遠隔授業によるものとします。

② ただし、以下に示す授業又は指導に限り、感染症対策を講じた上で一部の科目を対面形式で行うことがあります。該当科目等については、担当教員からG-Port等を通して連絡があります。

― 卒業研究・修了研究に直結する授業や指導に限らず、学内の施設設備を利用しなければ行うことが難しいと判断したもの。

とすることを継続します。

 なお、課外活動については、学内外の活動に関わらず、当分の間中止とします。

 学生の皆さんは、「新しい生活様式」を実践し、不要不急の外出や会食を控えるなどしてこれまで以上に感染防止に努めるとともに、感染拡大を防止するべく、自覚をもった良識ある行動を取るようお願いします。