本学学生の海外留学に関する方針について

  • HOME
  • NEWS
  • 本学学生の海外留学に関する方針について

在学生の皆さん

学習院大学長 荒川 一郎

 学習院大学では現在、教職員・学生の海外への渡航については、『外務省が発出する「感染症危険情報」及び「海外危険情報」がレベル1以下に引き下げられるまで、原則禁止としてください』という方針をとっています。協定留学プログラムや協定外留学、休学をしての留学等の海外留学についても同様です。

 これは、国の方針に基づき、学生の身の安全を考慮し、本学が学生の海外派遣の基準を決定したものです。コロナ禍において、世界各国でワクチン接種が進み、日本国内でも徐々に接種環境が整ってきた一方で、あらゆる国で変異株が発生するなど、感染が再拡大する可能性もあり、予断を許さない状況が続いています。また、文部科学省からも、「留学を予定・考えていた日本人学生等の皆さんにおいては、感染症危険情報レベル3の国・地域への留学は取り止めるとともに、レベル2の国・地域についても、感染の拡大の可能性や現地の状況が悪化する可能性も十分に考慮し、留学の是非又はその延期について改めてご検討ください。」と、通達がなされています。

 先に述べたようなワクチン接種の促進など、明るい兆しが見えていることも事実です。さらに状況が回復して、本学における海外留学の方針を変更する際には、改めてお知らせいたします。どうかご理解の程、よろしくお願いいたします。