令和3年7月12日から発出される「緊急事態宣言」への対応について

  • HOME
  • NEWS
  • 令和3年7月12日から発出される「緊急事態宣言」への対応について

令和3年7月9日

学生のみなさんへ

学習院大学

令和3年7月12日から発出される「緊急事態宣言」発出への対応について

 令和3年7月12日から8月22日までの間、新型インフルエンザ等対策特別措置法の規定に基づく「緊急事態宣言」が東京都に発出されることとなりました。

 本学では、令和3年3月15日にホームページ等を通してお知らせしておりますとおり、令和3年度の学事運営方針を定めており、この方針に基づき、4月15日から授業を開始しています。この学事運営方針は、十分な感染症対策を施した上で策定したものですので、授業についてはこの方針を継続し、対面授業と遠隔授業の実施による学修の機会を確保していきます。また、対面試験については、別途、G-Portでお知らせします。

 課外活動についても、既にG-Port等を通してお知らせしているとおり、学内外において課外活動を行う場合には、願い出に基づき、特別に認めた場合に限り許可する措置を継続します。

 なお、今後の感染状況の変化によっては、方針を変更することがあります。

 繰り返しになりますが、学生の皆さんは、改めて『登校時の留意事項』を確認すると共に、感染予防、感染拡大防止のための対策を徹底し、感染リスクが高まる「5つの場面」(飲酒を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わり)に十分注意してください。特に、これまでも重ねてお願いしているとおり、学内外を問わず飲食を伴う懇親会や会食は自粛してください。学内で食事をとる必要があるときは、可能な限りマスクを着用し、黙食に努めてください。

 学内のルールを遵守するとともに、「感染しない、させない」行動を取るよう重ねてお願いします。

 学生の皆さんの健康を第一に、大学生活を送れるようご協力のほどお願いします。

以上