令和4(2022)年度の授業運営について

  • HOME
  • NEWS
  • 令和4(2022)年度の授業運営について

令和4(2022)年3月


学生のみなさんへ(新入学生を含む)

学生センター所長 村主 道美

令和4(2022)年度の授業運営について

 本学では、未だ新型コロナウイルス感染症の収束の見通しが立たないことから、令和4年度以降の授業運営について、学生及び教職員の安全を最優先事項としつつ、感染状況と社会情勢を注視し、対面での学びの場の確保に努めることといたします。具体的には、令和4年度は、科目の開設部門ごとに原則として前年度履修者150名未満の科目を対象に、6割を目安として対面形式にて開講し、それ以外の科目を遠隔形式にて開講します。(なお、履修者200名程度の科目についても、開設部門から特に申し出があったものに限り、対面形式で開講します。)また、遠隔形式の科目についても、学期中に臨時的で対面授業を開講する可能性があります。

 令和4年度は令和3年度より対面授業科目をさらに増やすこととなります。しかしながら、大学は小中学校や高校等と異なり、一つのキャンパスに数千人の学生が市区町村や都道府県を越えて通学していること、授業ごとに多数の学生が教室移動を繰り返すことから、新型コロナウイルス感染症の感染拡大のリスクは避けきれません。この感染拡大のリスクを可能な限り低減させながら学修環境を維持していくためには、引き続きみなさんのご協力が不可欠です。授業の受講にあたっての注意事項や各種感染防止対策等の詳細については、G-Port *からお知らせしておりますので、必ずご確認ください。

 また、G-Portをご覧になれない新入生の皆様には、3月下旬にHPにて時間割情報を公開いたしますので、対面授業を実施する科目等、授業の開講形態については、時間割情報の公開をお待ちください。

 なお、情勢によっては、年度途中に全面的に対面・遠隔のいずれか、あるいは全く異なる運営方法に移行することも想定しています。なんらかの変更が生じる場合、随時G-Port等でお知らせいたしますので、常に最新情報の確認をお願いします。

以 上

--------------------------------------------------------------------------------------------------

*授業の内容を記載したシラバスの閲覧や授業の履修登録等の基本的な手続きを行うための大学ポータルサイトです。大学からの重要なお知らせは主にG-Portで配信されます。新入生向けの使用方法等の説明は、4月1日の学生センターオリエンテーションで行います。