准教授
ガルシア・クレマンス

現代は、グローバルな時代と言われます。その本質は「多様性」にあります。他者の多様性を受け入れ、自らのものとする柔軟性を持つ必要がある時代なのです。そして、多様性を受け入れても揺らがない自我を確立する必要があります。社会科学の専門教育を通じ、多様性への適応、確固とした自我を形成しましょう。

担当科目一覧

入門演習 Ⅰ
入門演習 Ⅱ
会計学
国際会計論
Financial Accounting
Cost Accounting
専門演習 Ⅰ
専門演習 Ⅱ
卒業論文・卒業演習

授業(講義)

会計の授業では、多国籍企業のケースを取り上げながら内部報告と外部報告の基礎概念を学習し、ビジネスパーソンとして必要な知識とスキルを身につけます。多国籍企業はなぜ財務諸表を開示するのか?損益計算書で、どのようにパフォーマンスを測定するか?貸借対照表を通じて、企業のビジネスモデルについて何を理解できるか?様々な事例をもとに学習を進めましょう。

授業(演習)

演習は、教授の指導の下、少人数制で学生が主体的に研究・発表・討議を行う授業です。1年次では社会科学研究の基礎知識を身に付けます。3・4年次では会計の専門的な研究を進め、卒業論文を作成します。

専門領域

  • 会計学
  • 国際財務報告基準
  • 無形資産
  • のれん会計

連絡先

  • E-mail :
  • 研究室 :南2-402

経歴

  • 2016年
    学習院大学国際社会科学部 准教授
  • 2015年
    学習院大学国際社会科学部開設準備室 准教授
  • 2010年
    フランス・パリドフィーヌ大学大学院博士課程修了(経営科学博士号取得)
  • 2006年
    明治学院大学経済学部 専任講師
  • 2004年 
    フランス外務省奨学生として京都大学大学院に留学
  • 2003年 
    フランス・パリドフィーヌ大学 助手
  • 2003年
    フランス・パリドフィーヌ大学大学院修士課程修了(会計学修士号取得)
  • 2002年
    フランス・パリ第1パンテオンソルボンヌ大学経済学部卒業

研究

会計基準の国際調和化の進展にもかかわらず、依然として無形資産の定義は各国で異なっている。国際財務報告基準(IFRS)では、ソフトウェア、特許権、ブランド、のれん、著作権等の価値のある権利が無形資産に含まれる。無形資産を認識する際に、買収価格からその価値を算定することは、一つの大きな問題である。無形資産の測定における耐用年数の決定も問題であり、ここには日本の会計基準とIFRSの間に大きな違いが残っている。

主要業績

  • “Individual and dynamic capital in cost accounting”『経済論集』, 2015(投稿中).
  • 「フランス専門会計士試験制度におけるIFRSの位置づけ」『会計』180(2), 257-269, 2011.
  • 「IFRS初度適用時におけるフランス企業の戦略的対応に関するケース分析」『産業経理』69(4), 93-106, 2010.
  • “Comptabilite au Japon”(日本の会計制度)in Colasse, B.(ed) Encyclopedie de comptabilite, controle de gestion et Audit(会計百科事典)159-171, 2009.
  • “A History of accounting assumptions and goodwill in the U.S.” 『経済研究』140/141, 68-89, 2008.