学部紹介

世界中の人と対等に渡り合い、国際的なビジネスの第一線で活躍できる人を育成するために。国際社会科学部の特徴を紹介します。

t1.png国際的なビジネスで必要な力を、社会科学の学びで養う

社会科学の5分野「法学・経済学・経営学・地域研究・社会学」を幅広く学び、国際的なビジネスの場で活躍するために必要な「課題解決力」や「国際経済・社会に対する理解力」を身につけます。

グローバルな企業が大学生に求める能力
1位 課題発見・解決力 96.9%
2位 国際経済・社会に対する理解力 46.8%
3位 英語によるコミュニケーション能力 36.9%

海外とのやり取りがある企業へのアンケート「新卒採用で大学生に求めた能力」より。
(2014年12月学習院大学調べ。65 社 142 人の人事担当者が回答、複数回答可)。

学部概要、理念とポリシーについてはこちら


t2.png段階的に英語による講義に移行する親身なカリキュラム

CLIL(内容・言語統合型学習)の手法を取り入れた英語科目により実践的な英語力を身につけるとともに、まずは日本語で社会科学(専門科目)の基礎を学び、段階的に全て英語で学ぶ講義に移行します。入学時点で英語が堪能でなくとも、着実にレベルアップすることが可能なカリキュラムです。

iss2019_01.pngprogram_pic_01_sp.png

学びについてはこちら


t3.png全員が卒業までに4週間以上の海外研修を経験

大学が用意する多彩な研修先だけでなく、自分で探してきたプログラムに参加することも可能です。設立からの3年間で、25カ国130以上の研修先に学生を送り出しています。

海外研修についてはこちら