学部長メッセージ

inui0418.jpg
国際社会科学部 学部長
乾 友彦

国際社会科学部は2016年4月に開設しました。目的は、国際社会で大いに活躍する若い人材を育成することにあります。そのために2つのことを重視します。ひとつは、実用的で生きた英語を徹底的に教えること、もうひとつが、国際社会が直面する諸問題を分析し、解決の道を探るために、社会科学の手法を習得させることの2つです。3年生以降は、社会科学のすべての授業が英語で行われます。社会科学は法学、経済学、経営学、地域研究、社会学の5つの分野からなり、教授陣全員が今回公募を通じて新たに採用されました。学生に対しては4週間以上の海外留学を卒業要件としています。そのため、欧米、アジア諸国の大学と提携し、語学研修だけでなく、インターンシップなど豊富なメニューを揃えています。まじめに課題に取り組み、人々の喜びと哀しみに共感し、問題解決のために一歩前にでて行動する。そういう学生を応援します。