学部長挨拶

photo_jun_wakou_v2.jpg
 経済学部長 和光 純

 『学習院大学経済学部にようこそ』

 皆さん、ご入学おめでとうございます。学習院大学経済学部は皆さんを心より歓迎します。

 いよいよ大学生生活が始まりました。皆さんはどんな気持ちでいるでしょう。自分の周りには新入生や上級生が大勢いますが、初めて会う人ばかりで話しづらく、何から始めたらよいか分からないという人もいることでしょう。それでは、「ヒントは目の前にある」と考えて、この『経済学部ウェブサイト』を見てみましょう。これが大学での勉強に繋がります。 

 勉強というと、参考書の問題を解くことかと思うかもしれません。しかし、それは大学での勉強ではありません。ここでいう勉強とは、自分が分からないことは何なのかを知るために、先ずは「調べる」ことです。いま見ている『経済学部ウェブサイト』を、ザッとではなく、丹念に読んでみましょう。分からないことは見逃さずに、印をつけてみましょう。これが、今わからないことの、多分、一部分です。一部分ですが、何が分からないのかさえ分からないという状態から抜け出せました。そこで、隣の人に、自分が分からない点を「質問」してみましょう。大抵は、隣の人も同じような疑問を持っているので、一緒に「考える」ことが出来ます。調べて、質問して、考えることが大学での勉強です。互いに質問しながら考えるのは、大学ならではの勉強です。

 経済学科も経営学科も、新入生の皆さんのために入門演習という授業を用意しています。経済学部の教員が、新入生の時から皆さんに接して、情報の収集や分析の方法、プレゼンテーションや討論の仕方、レポートや論文の書き方などの基本をグループワークによって学んでもらおうという授業です。本サイトや経済学部の学部ガイドに出ている先生方のメッセージや、本学のG-portというウェブサイトからシラバスにアクセスして、内容を調べて、自分が履修したいクラスの希望順序を見出して、応募してください。どの先生も、自分の専門分野をベースに大学での勉強のエッセンスを伝えてくださります。この授業に出れば、自分で調べて、互いに質問して、また考えるという勉強方法が分かってきます。

 大学での4年間は、皆さんが本気で勉強する最大のチャンスです。これから皆さんは、勉強し始める機会にたくさん遭遇します。私たち経済学部教員は、皆さんが大学生生活を最大限に生かせるように、いつも応援します。さぁ、大学での勉強をスタートさせましょう。

経済学部長 和光 純

ページトップへ