教員紹介
赤司 健太郎 教授

赤司 健太郎 (アカシ ケンタロウ) 教授

経済学科:計量経済学、統計学

略歴

  • 2001年:一橋大学経済学部卒業
  • 2004年:東京大学大学院経済学研究科修士課程修了
  • 2009年:東京大学大学院経済学研究科博士課程修了(博士号取得)
  • 2009年:統計数理研究所特任研究員
  • 2011年:学習院大学経済学部准教授

連絡先

  • E-mail:add_kentaro_akashi.png
  • 研究室: 東2-1011

研究分野

計量経済学、統計学


主要業績

  • "The Limited Information Maximum Likelihood Approach to Dynamic Panel Structural Equation Models," Annals of the Institute of Statistical Mathematics, Vol. 67, p. 39-73, 2015 (with N. Kunitomo).
  • "Some Properties of the LIML Estimator in a Dynamic Panel Structural Equation," Journal of Econometrics, Vol. 166-2, p.167-183, 2012 (with N. Kunitomo).
  • "On Uniqueness of the Conditional Maximum Likelihood Estimation for a Binary Panel Model,"Economics Letters, Vol. 112-2, p.148-150, 2011.
  • "Impaired Bank Health and Default Risk," Pacific-Basin Finance Journal, Vol. 17-2, p.145-162, 2009 (with S. Fukuda and M. Kasuya).
  • 「2項モデルの予測による金融リスク最小化:理論と応用」『統計数理』 Vol. 59-1, 2011 (with 川崎能典)
  • 「二つの金融危機とわが国の企業破綻」『世界同時不況と景気循環分析』東京大学出版会, 2011 (with 福田慎一・粕谷宗久)

学外での活動

所属学会:日本経済学会、日本統計学会、日本金融学会、Econometric Society


講義・演習の方針

計量経済学の講義では、その入門から基礎までを習得することを目標に据え、上級の計量経済科目の橋渡しの役割があります。不必要に数学的になることは避けたいと思いますが、統計学入門や経済数学Ⅰ・Ⅱを真面目に取り組んでいると理解が早まるでしょう。例えばゼミでレポート・論文を書くときに、実際の経済データを数値的に分析しようとすると、計量経済学の手法は大いに役立ちます。また、統計学による推定と仮説検定に依れば、自らの主張に客観性をもたせて人に伝えることができます。
経済理論モデルや経済データの特性に応じて、例えば変数が連続か離散的かなど、様々な計量モデルが発展してきていますが、幅広く基礎的な内容を取り上げたいと思います。次に、パソコンを用いて現実のデータ解析を練習して、計量経済学の手法を実感して欲しいと思います。

演習について、2年次ではデータ分析のテキストの輪読を通じて基礎力を身に着け、同時にグループで研究テーマを探り、プレゼンの仕方を学んでゆきます。3年次では、統計検定2級の為の勉強や進級レポートに取り組みます。4年次には、各自の研究テーマについて実証分析に基づくゼミ論文を上梓することを目標にします。学問をするうえで、どうしても分からないことにぶつかることが間々あります。
それは恥ずかしいことではなく、演習では質問を聴き合いお互いにとって建設的な議論を行うことが大事だと思います。


研究テーマ

私の主たる研究テーマは、パネルデータ分析と呼ばれています。パネルデータとは個体軸(家計・企業・地域など)と期間軸(四半期・年次など)のデータが合わさったものです。それぞれの経済主体を追跡してデータを収集し、それらの異質性を認めつつ計量経済分析を行うもので、政策効果や大規模データを扱う実証分析では一般的になりつつあります。しかし残念ながら、我が国に関しては公的なパネルデータの整備は、諸外国に比べて立ち遅れていると云われます。現在の研究課題は、パネルデータの整備・蓄積が進むにつれ現われてくる、つまり期間数が大きくなった場合に起こり得る推定問題の解決法の検討です。


メッセージ

ご入学おめでとうございます。皆さんが専攻する経済学は、「経国済民」に由来するように志の高い学問領域だと思います。しかし経済現象はとても複雑で、不確実性や観測の問題などを含んでおりデータ分析を難しくします。私の専攻の計量経済学は、こうした問題を確率論・統計学を援用して解決を試み、経済理論の検証に客観性をもたせるものです。
二度とは訪れない学生時代を学び豊かなものとしてください。

ページトップへ