教員紹介
福地 純一郎 教授

福地 純一郎 (フクチ ジュンイチロウ) 教授

経済学科:統計学、計量経済学

略歴

  • 1987 年 学習院大学経済学部卒業
  • 1989 年 一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了
  • 1994 年 アイオワ州立大学大学院卒業, Ph. D.(統計学)
  • 1995 年~ 1999 年8月 広島大学経済学部講師、助教授
  • 2000 年9月 学習院大学経済学部教授

連絡先

  • E-mail:add_junichiro_fukuchi.png

私の担当する授業や研究の詳細については個人ホームページをご覧ください。


研究分野

統計学、計量経済学


主要業績

  1. "Bootstrapping extremes of i. i. d. Random variables"(K. B. Athreya教授と共著), in Extreme Value Theory and Applications, Volume 3, NIST Special Publication 866(1994).
  2. "Confidence Intervals for endpoints of a cdf via bootstrap"(K. B. Athreya教授と共著), Journal of Statistical Planning and Inference (1997), 58, 299-320.
  3. 「日次収益率と日次ボラティリティー時系列のモデリング」(J. M. Pinto DosSantos教授と共著), Proceedings of the 4th JAFEE International Conference on Investments and Derivatives(1997), 23-30.
  4. "On the bootstrap and the moving block bootstrap for the maximum of a stationary process"(K. B. Athreya教授, S. N. Lahiri教授と共著), Journal of Statistical Planning and Inference(1999), 76, 1-17.
  5. "Subsampling and model selection in time series analysis", Biometrika(1999), 86, 591-604.
  6. 「平均分散モデルにおける最適ポートフォリオのリスク推定」(吉田あつし教授と共著)、金融工学と資本市場の計量分析(ジャフィー・ジャーナル2003、東洋経済新報社)
  7. 「モーメント法」、「標本分布」。金融工学辞典(朝倉書店,2004年)に収録.
  8. 「レベニューマネジメントにおける統計的手法」(砂見しづゑ氏と共著)。経済論集、2005.
  9. 「ホテル予約客室数予測のバイアス補正法について」(共著)。学習院大学経済経営研究所年報、2006.
  10. 「変額保険リスクとVaRの推定」(桑名陽一教授と共著)。「リスクの科学:金融と保険のモデル分析」(2007年、小暮厚之編著、朝倉書店)に収録.
  11. 「Rによる計量経済分析」伊藤有希教授と共著、朝倉書店、2011年。
  12. 「自動販売機コラム割当最適化問題」(竹内俊子講師、伊藤一教授と共著)、学習院大学経済論集、2012年。
  13. 「経済時系列分析ハンドブック」、刈屋、前川、矢島、福地、川崎(共編)、朝倉書店、2012年。
  14. 「時系列分析ハンドブック(翻訳)」、北川、田中、川崎(共編)、第2章 時系列データの線形性検定:伝統的方法とブートストラップ法、朝倉書店、2016年。
  15. "A Note on Bootstrap for Gupta's Subset Selection Procedure", submitted

学外での活動

Research Excellence Award(1994 年、アイオワ州立大学), オーストラリア国立大学数理科学センターにて客員研究員(1997 年10 月~ 1998 年3月), ニューヨーク大学Stern ビジネススクールにて客員研究員(2006 年4月~ 2007 年3月),東京大学総合文化研究科客員教授(2015 年4月~ 2016 年3月)

所属学会:日本統計学会、日本金融・証券計量・工学学会(JAFEE)、日本統計学会 和文誌編集委員、一般財団法人 統計質保証推進協会 理事(2014年4月~ 2017年5月)


メッセージ

  私の専門分野は統計学の理論と応用です。多くの出来事は、それが自然現象であれ社会現象であれ、完全に決定論的なメカニズムでは説明できません。多くの現象で不確実性が伴い、はっきりとした因果関係がわかりません。自然現象であれば、医学、薬学などでそういった現象が多
く、人間の行動がかかわっている心理学、政治学、社会学、経済学、経営学などでは、さらに不確実性をもたらす要因が増えます。そういった分野で得られるデータを用いて有意味な結論を導くとき、統計学は大活躍をします。また、コンピュータと情報処理技術の発達とともに、利用可能なデータの量は20 年前と比較して飛躍的に増加しました。そのような背景から、統計学は社会人にとって必須の知識と考えられています。しかし、それを正確に使用できる人間はまだまだ少なく、「統計家」という人材の需要は今後も増え続けるでしょう。

 統計学には実際のデータを分析するという実践的な側面がある一方、その基盤は確率や統計理論などの理論的基礎があります。この理論的基礎は大変体系的に成り立っています。統計学は体系的学問であるので、それを学ぶためには基礎から着々と学んでいく必要があります。これはとても地道な作業に見えますが、地道な理解を積みあげれば誰でも統計学を理解できるという大きな利点があります。学習院大学の経済学科では、一年生で「統計学入門Ⅰ、Ⅱ」
を学びます。統計学の理解のためには、微分積分などの数学も用いますが、必要な数学は授業中に説明します。広い分野で役立つ「統計家」になるために、がんばって勉強してみましょう。

 私自身は、最初は心理学を学ぶつもりで大学に入学しましたが、入学して1 年以上経過したところで経済学に魅力を感じ方向転換しました。そして勉強をしていくうちに、専門が統計学に変化していきました。学部時代には、主に二人の先生の指導、会話の影響で統計学の専門家を志すようになりました。大学時代は、一般に、多くの試みと経験を積んで、自分の専門性を模索する時期かと思います。学習院大学という恵まれた環境で豊かな知的ネットワークを築き切磋琢
磨し、飛躍的に能力を伸ばし、実りの多い4 年間を送ることを祈ります。


私が担当する講義・演習

統計学入門Ⅰ、Ⅱ

統計学はデータを分析し、一定の結論を得るための手法です。統計学が役立つ分野は、経済学、経営学に限らず、医学、薬学、社会学、心理学、など広く、ビジネスにおける意思決定の基礎としても利用されています。経済学科では、「統計学入門Ⅰ」「統計学入門Ⅱ」、「統計学」、「計量経済学」やその他の科目で統計
的手法が学べます。「統計学入門Ⅰ」では、データ分析の方法と確率の基礎を学びます。「統計学入門Ⅱ」では、確率変数と確率変数に基づいた統計的手法を学びます。第一学期の後半から定積分も利用し、難易度が少し上がってきます。出席することが重要です。「経済数学Ⅰ、Ⅱ」の内容は統計学の理解に役立つので、「経済数学Ⅰ、Ⅱ」を1年次に履修することを強く勧めます。統計学には、データを分析するという実践的な役割を持ち、かつ体系的な学問であるという、二つの大きな魅力を持っています。一人でも多くの人が統計学の魅力に引き付けられることを望みます。

統計学

 田中勝人先生が長期研修でいらっしゃるので、2018 年度は私が「統計学」を担当します。2018 年度「統計学」の目標は以下のように考えています。
 (1)統計学の理論と方法をバランスよく学び、統計検定2 級に合格可能な力を付ける。
 (2)ExcelとフリーソフトRを用いた統計分析を行い、データ分析全般に自信を持てるようになる。
 統計検定2級(http://www.toukei-kentei.jp/)は、「大学基礎科目レベルの統計学の知識の習得度と活用のための理解度を問う」内容なので、2 級に合格していれば対外的にも「統計学を理解しています」、「特技は統計学です」と言えます。

演習

私が担当する演習では、統計学を学びます。2 年生はフリーソフトR を使っていろいろな図を描いたり分析をしたりします。3 年生では、R を用いて発展した分析を行います。統計検定受検ようの講習も行います。データ分析のコンペティション参加も奨励します。ゼミ生には在学中に統計検定3 級あるいは2級を受検することを条件としています。


私の管理するHP https://sites.google.com/site/junfukuchistat/home に、担当授業の進行状況、ゼミの内容と方針、研究や本の紹介などを書いていますので、ぜひご覧ください。

ページトップへ